キリマンジャロブログ

このブログでは主に時事ネタやアニメに関しての記事を掲載していきます。
枝豆昆布という名前でTwitterもやっています。
よろしくお願いします。


    地方銀行 (地銀からのリダイレクト)
    地銀:再編加速 肥後・鹿児島銀、県境越え統合へ”. 毎日新聞. (2014年11月8日). http://mainichi.jp/shimen/news/20141108ddm008020057000c.html 2014年11月8日閲覧。  ^ a b 時々ドットコム:【図解・経済産業】地銀
    23キロバイト (1,068 語) - 2019年6月3日 (月) 15:10



    (出典 www.bizocean.jp)


    なんか、嘘っぽい。

    【大卒地方銀行員(29歳)の給与明細を公開!!】の続きを読む


    日本の法令では、銀行とは、銀行法上の銀行(普通銀行)を意味し、外国銀行支店を含むときと含まないときがある。また、長期信用銀行は長期信用銀行法以外の法律の適用においては銀行とみなされる。日本銀行や特殊銀行、協同組織金融機関および株式会社商工組合中央金庫は含まない。普通銀行も長期信用銀行も、会社法に基づいて設立される株式会社形態である。
    37キロバイト (5,711 語) - 2020年5月24日 (日) 10:19



    (出典 pbs.twimg.com)


    大変そう。

    2 名無しさん@引く手あまた :2020/05/21(Thu) 08:23:10 ID:K8+ZRZm60.net

    地銀マンの1日

    5:30 起床、埼玉奥地の多額ローンの我が家から金庫までは1時間30分かかる
    *な嫁(元行員)は朝メシ作る気は全く無くトドの様に寝ている。
    いきなり朝から人生の後悔ばかりが絶望的に押し寄せる。
    7:45 支店到着、通勤電車の長旅で既に疲れてしまった。
    いつもと同じ看板を見た瞬間鬱になる。
    8:00 今日の訪問予定を確認する、とても一日では回りきれない数だ・・・
    8:15 朝礼。朝から支店長が預金残・融資残の減少を大声でがなりたてる。
    8:30 渉外課の朝会議。課長から一人一人今日の目標数字と予定を詰められる
    「何処で何を獲ってくんだ!」「今月の定期のノルマどうすんだ!」等、
    一日で最も嫌な時間だ・・・とりあえずできもしない予定を怒鳴られながら
    答える。
    9:30 外回り開始、暑かろうが寒かろうが、上下背広のみ認められない、春・秋以外は
    地獄である、必死でカブを走らせる。
    11:30 訪問予定を必死でこなすが全く定期も融資案件も投信も獲れないまま
    まもなく午前が終わる、必死で死にかけのボケ*に頭下げまくる。
    12:00 昼メシ食う暇もなく午前中の伝票整理。もちろんその間も課長からの罵声は続く。
    「午前中全く成果無いじゃねーか!」「朝言った数字は絶対やってもらうぞ!」
    気が狂いそうだ・・・


    【銀行員は辛いよ!銀行員の俺様の一日を公開】の続きを読む


    成果主義(せいかしゅぎ)とは、企業において、業務の成果によって評価し、報酬や人事を決定すること。 類似概念として結果のみで評価の判断を行う結果主義が挙げられる。 成果主義により、向上心がある人は、より自分を高めようと努力するという意見もある。 残した「成果」の高い人が、「成果」の低い人よりも成果
    11キロバイト (1,581 語) - 2020年4月23日 (木) 19:14



    (出典 monitor.adish.co.jp)


    結果だけ確認すればいいだけなのでは?

    1 田杉山脈 ★ :2020/05/27(水) 21:02:28.13 ID:CAP_USER.net

    コロナ危機によって一部の企業はテレワークに移行したが、社員がパソコンの前に座っているのか上司が監視したり、オンラインで会議や飲み会を行った際に、上司が家庭の事情にまで介入するという事態が頻発した。テレワークは働き方改革を実現する有力な手段のひとつであり、コロナ危機によって多くの会社がテレワークを実現したことは、日本の会社組織を変える大きなきっかけとなるはずだった。

    言うまでもないことだが、テレワークというのは、従来の社内習慣を家庭内に延長するためのツールではない。物事の本質を的確に捉えなければ、テレワークのメリットを享受できないどころが逆効果になってしまう。

    テレビ会議がマウンティングの場に
    テレワークを実施した場合、一定の頻度でオンライン会議が開かれることになる。当然、画面には背景が映り込むことになるが、場合によっては自宅の様子がある程度、相手にも分かる。一部の社員は「よくそんな家に住めるね」などと、ここぞとばかりにマウンティングに走っているという。異性の上司から、部屋の様子をもっと見せるよう要求されたというケースもSNSで散見された。

    会議をしていなくてもずっとオンラインにするよう求められるなど、事実上、上司による監視も行われており、一部の企業では社員がパソコンの前にいるのかチェックできるソフトウェアの導入も検討しているという。

    テレワークに移行したにもかかわらず、こうした行為に走ってしまうのは、全員が同じ場所で顔を合わせ、濃密な人間関係を構築するという従来型ムラ社会の習慣から脱却できていないからである。だが、物理的に場所が離れている以上、オフィスという空間を共有している時とまったく同じ環境にはならない。

    場を共有するという、従来型価値観から抜け出せないままテレワークを実施すれば、弊害の方が多くなり、緊急事態宣言の解除をきっかけにすべてを元の状態に戻そうとする動きを招きかねない。こうした事態を回避するためには、テレワークが持つ本質的な意味について再確認しておく必要があるだろう。

    テレワークの実践は、今回のコロナ危機よりも前から推奨されていたことだが、その前提となっていたのは、先ほども述べたように「働き方改革」である。

    働き方改革というのは単に残業時間を減らすための措置ではない。業務のムダを見直し、生産性を向上させることで、収益を落とさずに労働時間を削減することが真の目的である。業務のムダの中には、社員全員が夜遅くまで残業しているのをいいことに、各人の仕事の範囲や責任の所在を曖昧にしてきたという慣習も含まれている。

    個人の責任を明確にし、合理的に仕事を進めることに意味があり、これが実現できて初めてテレワークや時差出勤といった措置が可能となる。

    テレワークと働き方改革はセットになっている
    つまり、多様性の発揮やテレワークというのは、働き方改革とセットになっており、単体では機能しないものである。その証拠に、今回のコロナ危機でスムーズにテレワークに移行できた企業の多くは、コロナ危機の前から働き方改革が進んでおり、社員が互いに顔を合わせなくても業務を進められる体制ができあがっていた。

    こうした改革を進められなかった企業が、形だけテレワークを導入すると冒頭で示したようなケースが多発してしまう。社員がパソコンの前に座っているのか監視するというのは、成果ではなく、同じ空間を共有した時間でしか社員を評価できないという現状を如実に物語っている。

    全社員が遅くまで会社に残っていると、各人がいつまでにどの作業を終えたのかというタスク管理は曖昧になる。結果として社員の評価基準は成果ではなく、何時間残業したのか、皆と同じ時間を共有したのか、という部分に絞られてしまう。
    以下ソース
    https://gendai.ismedia.jp/articles/-/72864


    【在宅勤務してるんだけど、常に上司が「監視」してくる。ウザい。】の続きを読む

    このページのトップヘ