キリマンジャロブログ

このブログでは、政治、経済、仏教、副業に関する記事を掲載しています。
Twitterもやっています。
よろしくお願いします。

    僕は働くな。会社には絶対行かないけど。
    くたばれ!!ブラック企業。
    まあ、大半の人間は社会との繋がりを求めて働くと思う。
    それに働くべきだ。生きるために経営者の言いなりになってリストラに怯えながら働くのを強いる社会も常識もおかしいが、社会に貢献できる能力があるのにも関わらず遊び呆けているのも問題ありだと思う。

    よく記事を書く時は誰に向かって書くかというペルソナを決めて、それを意識して書けばいいという事を聞く。
    確かにそう思う。そしてそのペルソナは過去の自分自身を想定するのでも、いいとの事だった。
    だからそうしたいと思う。
    ・生きる目的が分からず、毎日投げやりに生きてきた過去の自分に
    ・人生の意義が感じられず、毎日死にたいと願っていた過去の自分に
    ・人生は修行だと信じて嫌な事も歯を食いしばってやって他人から都合のいい人間と扱われていた自分に

    向けて書いていく。
    多分、過去の僕の様な人間は沢山いるに違いないので



    人生は修行だなんていうのは権力者や資本家連中が労働者にいう事を聞かせるための都合のいい考えだ。
    このことに気付いたニーチェは「神は死んだ」とか「キリスト教は奴隷の宗教だ」と言ってこれを批判し、マルクスに至っては「宗教は阿片だ」と言った。
    大昔に、この事を指摘してくれた人がいるのに未だに、巷の自己啓発等では蔓延っている。
    こんな考えが殉教者を生み社畜を生み出す。困ったもんだ。








    このページのトップヘ