キリマンジャロブログ

このブログでは主に時事ネタやアニメに関しての記事を掲載していきます。
枝豆昆布という名前でTwitterもやっています。
よろしくお願いします。


    社内ニート(しゃないニート)とは、労働者であるためニートではないが、仕事がないため社内でほとんど働いていない労働者のことである。[要出典] 就学も労働も職業訓練もしない(できない)非労働者をニートと呼ぶが、これに対し、社内ニートとは従業員としてその企業に在籍しながら、十分な仕事も与えられず、机に座っ
    3キロバイト (463 語) - 2019年11月17日 (日) 13:00



    (出典 previews.123rf.com)


    実際にあったら暇で堪らないと思う。

    1 名無しさん@明日があるさ :2016/08/26(金) 00:03:09.62

    以前派遣として勤めていた会社を忘れられません。

    その特長は
    ・大企業のIT系ホワイト子会社
    ・超好立地
    ・綺麗なオフィス
    ・ウォーターサーバーやコンビニ、カフェ完備
    ・飲み会の強要等は一切なし
    ・全体的に緩い社風
    ・仕事中に副業やネットサーフィン、ネトゲ、居眠りをしている社員も数々いた
    ・月一で体調不良を理由に休む正社員にも毎度ボーナスを支給

    こんな天国のような会社他にありませんか?
    また似たような環境にいる人、語ってください。


    【俺、就活中だけど社内ニートで正社員として終身雇用してくれる職場に転職したい】の続きを読む


    社内ニート(しゃないニート)とは、労働者であるためニートではないが、仕事がないため社内でほとんど働いていない労働者のことである。[要出典] 就学も労働も職業訓練もしない(できない)非労働者をニートと呼ぶが、これに対し、社内ニートとは従業員としてその企業に在籍しながら、十分な仕事も与えられず、机に座っ
    3キロバイト (463 語) - 2019年11月17日 (日) 13:00



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    まあ、楽して金貰えるならそれもいいじゃん。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/04/12(金) 14:43:02.88

    タレントのマツコ・デラックス(46)が10日放送のテレビ朝日「マツコ&有吉 かりそめ天国」(水曜後11・15)に出演。自身を、仕事が回ってこない“社内ニート”と呼ぶ会社員に対し苦言を呈する場面があった。

    仕事のできる同僚にばかり仕事が回り、自身は雑用だけの“社内ニート”状態だという視聴者の投稿を紹介しながらトーク。
    投稿者は「充実した仕事がしたい」「この状況から脱出したい」と嘆くが、これに対し、
    マツコはまず「そんなに自分の方が仕事がしたかったら、その人(優秀な同僚)を超えなきゃ無理でしょ」と本人のポテンシャルについて疑問を投げかけた。

    さらに「上司の人も仕事をちゃんとやってくれる方に仕事を回す」とし、投稿者の姿勢は「“みなさん、どうにかしてくださいよ”“もっと私を優しく平等に扱ってください”というにおいがする」とバッサリ。
    続けて「平等ではないですから、社会は。優秀は人の方に仕事はいくのよ、残念だけどそういうこと」と突き放した。

    また“社内ニート”という言葉にも反応し「なんでもかんでも言葉を作って楽しんでない?」とも。共演する有吉弘行(44)も「自虐的に(自分は)『社内ニートなんだよ』って言っていれば楽な人もいるから」と付け加えた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16305193/
    2019年4月12日 11時31分 スポニチアネックス


    【マツコDX、Mの“社内ニート”に喝「社会は不平等じゃー!!」】の続きを読む


    第四次産業革命 (Fourth Industrial Revolution、4IR) は、18世紀の最初の産業革命以降の4番目の主要な産業時代を指す。21世紀前半にも起こるとされ、それは物理、デジタル、生物圏の間の境界を曖昧にする技術の融合によって特徴づけられる。 第四次産業革命はロボット工学、人工知能
    12キロバイト (1,645 語) - 2020年5月2日 (土) 10:43



    (出典 jukugo.g-sozai.com)


    まあ、要らない会社は、潰れた方が長い目でみて世の中の為かも。

    1 ファイナルカット(埼玉県)@\(^o^)/ :2016/09/16(金) 22:55:37.32 ID:d4VT9csO0.net BE:971283288-PLT(13000) ポイント特典

    sssp://img.2ch.net/premium/1372182.gif
    Industry 4.0は日本で新しい地平を切り開くか?

    「現状の日本型生産システムの延長線上で考えている限り、我が国製造業は大きな遅れをとることが懸念される」

    2015年6月、経済産業省は「2015年版ものづくり白書」のなかで、このように警鐘を鳴らしました。世界がインダストリー4.0によるものづくりシステムを構築しつつあるなか、

    日本はIoT、M2Mを基盤とした技術革新に乗り遅れていると強い懸念を示したのです。

    世界のものづくりの現場のみならず、社会全体のインフラまで変えてしまう可能性のある第4の産業革命、「インダストリー4.0(Industry 4.0)」。その最前線をご紹介しながら、

    これからのものづくりシステムとはどういうものかについて考察します。同時に、今後日本がものづくりの世界で主導的な役割を果たす可能性について、未来予想図を描いてみます。

    ドイツとアメリカにおけるインダストリー4.0の現状

    インダストリー4.0は、IoT(モノのインターネット)、M2M(機械の連携システム)を技術基盤にした、スマートファクトリーを実現する次世代技術構想です。

    ドイツでは産官学が連携し、実用化に向けて急ピッチでインフラを整えています。

    そんななか、2014年6月にドイツ・ミュンヘンで開催された国際展示会「AUTOMATICA」で、ミュンヘン工科大学が実演したデモンストレーションは、世界中から訪れた来場者に衝撃を与えました。

    異なる通信規格を持つ異なるメーカーの複数の生産機器が、ひとつのコントローラーで制御されたのです。本来なら通信方式が異なるため、

    互換性はありません。それを、「ヘテロジアス(異なるOSで動作する)」システムで標準化し、ひとつの目的に沿って動かしました。

    いかそーす
    http://iot.mb.cloud.nifty.com/iotcolumn/industry4.0%E6%97%A5%E6%9C%AC


    【第四次産業革命、不要な零細企業が消滅!⬅︎倭国でもやれば?】の続きを読む

    このページのトップヘ