ソ連崩壊(ソれんほうかい、露: Распад CCCP)とは、1991年12月のソビエト連邦共産党解散を受けた全ての連邦構成共和国の主権国家としての独立、ならびに同年12月25日のソビエト連邦(ソ連)大統領ミハイル・ゴルバチョフの辞任に伴い、ソビエト連邦が解体された出来事である。
7キロバイト (783 語) - 2020年2月19日 (水) 00:49



(出典 upload.wikimedia.org)


ソ連とかの失敗を踏まえて、運営していけば社会主義もありかも。

1 革命的名無しさん :2012/08/14(火) 13:15:22.89 .net

一党独裁のソ連型社会主義ではなく
複数政党制、市場経済を継続する
搾取のない新しい社会主義について





2 革命的名無しさん :2012/08/14(火) 13:27:56.08 .net

戦後、経済恐慌はありえないと言われた時代があったが
リーマンショックからユーロ危機にいたる流れは
今後の資本主義の崩壊を予測させるものであり
いずれはポスト資本主義としての、旧来の「社会主義」ではなく
新しい社会主義が必要とされる時代が来る


3 革命的名無しさん :2012/08/14(火) 13:53:54.31 .net

なぜ社会主義における市場経済か

従来の「社会主義」における
働いても働かなくても給料は同じ
遅刻、無断欠勤、仕事中のアルコール飲み
その国営企業に対する国からの赤字補填
これでは生産力は落ちていき、経済発展など望めない

搾取のない企業経営は必要だが、赤字企業を
無条件でいつまでも存続させるような体制に未来はない

つまり、営利企業から非営利企業への転換促進


4 革命的名無しさん :2012/08/14(火) 14:22:23.80 .net

日本における企業経営の主流は
取締役と株主が主導権を握っているが
それを株主から従業員、株主総会→従業員総会に
権限を移行する
つまり、従業員全体の意向を反映する取締役を選ぶことにする
取締役の報酬は、現在より遙かにささやかなものになるだろう

当然民法や会社法の根本的改正が必要


5 革命的名無しさん :2012/08/14(火) 15:00:37.68 .net

おろかな一党独裁の経緯

人口の大半を占める労働者、その労働者による支配(独裁)こそ
真の民主主義に近い、そこから生まれたプロレタリア独裁の考え
だが、それをどの様に実現するかはいまだに問題である
労働者階級による支配は、いまだどの国でも実現されていない

レーニンの精神的発病によって途絶えた創成期の「社会主義」は
認識不足の後継者にあやまって引き継がれ、「プロレタリ独裁」の理念は
一党独裁に歪曲され、その後、ソ連の崩壊まで続いた


7 革命的名無しさん :2012/08/14(火) 15:23:06.23 .net

間違いない、これは日本共産党員の立てたスレッドだ。
一党独裁を批判しながら、自分の日共の一党独裁は独裁ではないと、屁をこいたことを言うな。


8 革命的名無しさん :2012/08/14(火) 15:26:00.64 .net

日本共産党の幹部居座り
プーチンの首相、大統領交替
いずれも民主主義とはほど遠いものであり
アメリカ大統領の三選禁止のほうが、よほどまともである

『攻略本』?それ何?


9 革命的名無しさん :2012/08/14(火) 15:28:29.11 .net

>>8
それならOK
あなたは日共ではありません。
誤認。
謝罪いたします。


13 革命的名無しさん :2012/08/14(火) 15:40:28.75 .net

朝鮮「民主主義共和国」など名前だけ
金独裁世襲王朝のどこに民主主義があるというのか
あそこの労働党など金独裁の金魚の*


14 革命的名無しさん :2012/08/14(火) 15:42:30.13 .net

共産党はチャベスとチャベス政権を一貫して擁護礼讚。
かつて赤旗で異常なチャベス崇拝をキャンペーンした。


15 革命的名無しさん :2012/08/14(火) 15:45:59.35 .net

ただ現実的には来る総選挙で共産党と社民党が
結果を残さなければ、何も変わらない
かの党もいろいろ問題はあるが、おいおい変えていけばいいことで
とりあえずはベストな政党ということで応援している


18 革命的名無しさん :2012/08/14(火) 15:52:21.81 .net

>>15
よくないねえ。闖入者?
共産党も社民党も解散し、ゼロから始めろっての。
民主惨敗後はしばらく異常な極右の風が吹くから覚悟しておくがいい。
共産党、社民党、みどりもそうだが、こんなのに巣くう政治屋専従どもを食わしてやる義務はない。


17 革命的名無しさん :2012/08/14(火) 15:51:24.36 .net

小林多喜二への拷問虐殺はひどいな
特高はいくら憎んでも足らない
アジェンデも合法的な政権の米による虐殺だった


19 革命的名無しさん :2012/08/14(火) 15:57:59.26 .net

>>17
チリのアジェンデは日共とはまったく違う。民主集中独裁ではない。
最後まで武力は用いなかった。

小林多喜二が特高に虐*れているとき、日共の宮本顕治は同志の中央委員小畑を、
幡ヶ谷のアジトで集団リンチ査問し、
針がねと硫酸で 虐殺 した。
これが共産党の内と外の顔だ。


21 革命的名無しさん :2012/08/14(火) 19:18:25.92 .net

その真偽は知りませんが
人はだれでも間違いをすることもあるでしょう
保守であれ、左翼であれ、だれでも過去に、飲む、打つ、買うなどの
良識からしたら批判されるべきことに手を染めた人も必ずいるはず

問題はいつまでも過去を引きずることなく、どうしたら未来の日本を
よくすることが出来るか、現状ベストを尽くすこと なんとしても世界で生き抜かなくては
みんなで力を合わせて、搾取のない社会を実現したい

当面の目標は民主的な社会主義を基本にした連立政権
その過程で解党を余儀なくされる政党もあるかもしれません
大義を失うことなく前進すべき


22 革命的名無しさん :2012/08/14(火) 19:54:06.87 .net

>>21
その間違いが、
宮本顕治の共産党独裁から始まった民主集中独裁体制なのだよ。
真偽のほどはおまえたち共産党員がよく知っていて、知らんぷりしているわけだ。


23 革命的名無しさん :2012/08/14(火) 20:02:34.15 .net

>>21
>当面の目標は民主的な社会主義を基本にした連立政権
民主集中独裁共産党の民主連合政権を言いたいのだろうが、
70年代80年代の民主?都政、府政、県政、
さらに狛江市政によって、
共産党の独善は証明済みだ。
最後には共産党が引き攣けを起こし、民主連合ともども自爆。


25 革命的名無しさん :2012/08/14(火) 20:11:32.56 .net

自分は共産党員ではないし
民主主義的な社会主義政権実現できるなら
どんな組み合わせでもいい

人は誰でも失敗ミスあるもので、それをお互い
許すことが出来なければ前には進めない
あなたはまったくミスをおかさない完璧な人間ですか?


26 革命的名無しさん :2012/08/14(火) 20:19:43.88 .net

>>25
そいつは他スレでその下品な物言いで在日差別投稿・日本軍擁護侵略戦争擁護投稿を繰り返してる「札付き」だよ。
言わば「立ち位置は明確」。こんなの相手にしてても時間の無駄だよ。


27 革命的名無しさん :2012/08/14(火) 20:29:51.19 .net

>>25
まさに無党派を装った典型的共産党員
粛清の、リンチ査問殺人の過ちはだれにでもはないぞ

>>26
それはお前自身だろう
他人に濡れ衣は着せちゃいかん


28 革命的名無しさん :2012/08/15(水) 07:47:03.90 .net

権力の確保には軍事力の掌握が重要
自衛隊に定期的に労働者を送りこむ法の整備を
例えば3年休職して自衛隊に入る場合の優遇措置
その後、企業に復帰してもなんら差別的な待遇を受けないとか

多くの労働者がいつでも武器を手にして、労働者の国家を
守る国に


29 革命的名無しさん :2012/08/16(木) 06:16:10.15 .net

20××年、日本は中国による日共傀儡軍事政権に疲弊していた。
米軍は日本から撤退し、代わりに中国軍が居座り、中国軍憲兵が街をうろつき回っては蛮行を繰り広げていた。
中国軍と極右の衝突によるテロで、まるで中東紛争のような有様だ。
日共は威張りちらし、秘密警察の手先になって、罪もない市民を強制収容所へ駆り出し、中国へ奴隷として輸出して私腹を肥やしていた。
中国は琉球を領有し、朝鮮は対馬、ロシアは北海道をそれぞれ領有した。
………………………


30 革命的名無しさん :2012/08/21(火) 10:30:49.32 .net

―高齢者対策―

 あまり大きな問題視されていないが、老人は生活していける、あ
るいは生きていけるだけの収入があれば幸せなのか? まったく違
う。生きがいというか、生活の張りが無ければむなしい。現状は多
くの老人達がその生きがいを失いただ死を待つだけに等しい生き方
をしている。
 ささやかな労働であってもそれが老人に与えられるなら、彼らは
どれほど幸せになれることか。現在の日本にはそのような仕組みが
無い。資本主義の営利企業であれば、老人を雇っても足枷になるだ
けだからその様な雇用の場が創出されないのである。新しい政府は
老人対策として軽度な労働、短時間労働、ささやかで不規則な労働
であっても認める、老人に働いてもらう制度を創設すべきである。

 これは資本主義的思考ではつくれない。社会主義的非営利企業に
のみ可能である。


32 革命的名無しさん :2012/08/27(月) 07:44:28.54 .net

>>30
アホかw今の50・60・70・80・90代は日本を軍国主義の侵略戦争に導き、軍国化する日本に於いて
天皇陛下万歳 欲しがりません勝までは を地で行き、戦後も自民党に投票を続けて滅茶苦茶な政治を
礼賛し、今現在は我々若者が仕事が無いのにバブル期ベースで計算した企業年金を受給して海外旅行を楽しむ虫けらよ!
ガス室送りにしてしかるべし!*も休み休み言え!日本共産党は発達障害者を護らず、国を護らず、若者を
護らずの三護らずの巨悪政党だ!親子二代に渡り投票してきたが、二度と騙されん!わかったか、こっの、痴れ犬めが!!!!!!


31 革命的名無しさん :2012/08/22(水) 10:59:29.31 .net

―資本主義、戦争への衝動―

 過去、第一次、第二次と破壊的な戦争を資本主義は繰り返してき
た。それは破壊と再生が資本主義の宿命であり、総需要政策で有名
なケインズによれば「戦争は最大の消費」だからである。

 労働者から搾取することで蓄積する資本は、その拡大を至上命題
とする。わかりやすく言えばお金を貯め、そのお金をより大きくす
ること。資本家が労働者の搾取で儲けたものをすべて消費しないで、
より大きく貯めていこうとする蓄積の必然性こそが、実は近代の戦
争の本質と言える。

 資本主義の拡大再生産の継続には、新しい市場が不可欠。それを
可能とするのが海外への資本輸出、あるいは国の財政出動である国
債発行。経済のグローバル化、世界各国の国債残高の拡大にそれは
あらわれている。ところがこの打開策にも限界がある。国債は無制
限には発行できないし、海外市場もいずれは飽和状態になる。

 その行き詰まり状態に最後は「戦争による消費」という、人間が
一番やってはいけないことに手を出させる、資本の拡大という至上
命題が人類最大の罪に手を貸してしまうことになるのである。


33 革命的名無しさん :2012/08/27(月) 10:05:48.33 .net

年寄りを粗末にするいまの風潮が日本をだめにする
高収入を与えるのではない、「労働が人間の本質的な欲求であり」
その欲求をみたす場を与えようというもの

成語大事苑より

「年寄りと味噌は粗末にできぬ」
(年寄りの長い人生経験と、その中から生まれた生活の知恵は、実に尊いものであり
大事にしなければならない。味噌も調味料として必要欠くべからざるもので、その奥深い滋味は
食生活になくてはならない大切なものである)

「年寄りのある家には落ち度がない」
(年寄りは経験豊かで物事をよくわきまえており、何事にも慎重なので、
年寄りのいる家のすることには間違いがない)

「年寄りの言うことは聞くもの」
(経験を積んだお年寄りの意見は聞く価値がある)


34 革命的名無しさん :2012/08/27(月) 10:42:37.86 .net

>>33
いかにも脳内だけで社会を論じる妄想性人格障害者の共産党員っぽいレス内容だ。


35 革命的名無しさん :2012/08/27(月) 10:52:44.21 .net

>>33
貧困階層に生まれて貧乏ばかりして無駄に歳だけ取った年寄りの経験なんぞ、語るに落ちるわ腐れ外道め。

今は情報科学の時代で統計学で何が最も効率が良く、失敗確率が少ないかをコンピュータやメディアを通じて入手する時代。

人間は何年生きたかではなく、限られた圧縮された時間の中で何を学び、経験し、乗り越えたかが全てだ。

毎日生きるか*かの日常を送った10代と、無駄に鼻*ほじってズリセンこいてただけの90歳では前者に圧倒的に軍配が上がる。

*も休み休み言え。


36 革命的名無しさん :2012/09/05(水) 19:57:06.66 .net

「楢山節考」のおばばの様に、行くところがあればいいが
現代は線路を枕にするか、介護施設に頼るしかない
恥をさらして介護を受けるのにも社会的には費用がかかり
認知症になれば引け目さえ感じないだろうが、まともな意識があれば
申し訳ない。その点「楢山節考」のおりんは痴呆でさえなかった

介護老人を減らし、その費用を減らすことは社会的に有益である
介護は受ける方も、世話をする方もたいへん。労働には認知症回避の効果


39 革命的名無しさん :2012/10/01(月) 09:41:18.27 .net

財政赤字の累積は解決しないどころか
悪化の一途。それなのに、忘れたかのように過ぎていく
いつか爆発(経済恐慌)がやって来ることは明白なのに