キリマンジャロブログ

このブログでは、政治、経済、仏教、副業に関する記事を掲載しています。
Twitterもやっています。
よろしくお願いします。

    カテゴリ:映画 > ローマの休日


    ローマ法王の休日』(ローマほうおうきゅうじつ、Habemus Papam)は2011年イタリア・フランス合作コメディ映画。原題「Habemus Papam」はラテン語で新しいローマ法王が決まったことを意味する(英語に直訳した「We Have a Pope」が本作英題ともなっている)。
    5キロバイト (508 語) - 2019年3月8日 (金) 20:19



    (出典 images-fe.ssl-images-amazon.com)


    知ってる。でも実は観たことない。
    Amazonのプライムビデオで調べたらプライム会員は無料で観られる事が判明した。
    興味のある方は是非。僕も今度観てみたい。

    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/12/09(月) 08:13:47 ID:KrykURrg0.net

    コンクラーベでローマ法王に選ばれた枢機卿が
    逃げ出し、街で様々な出会いを繰り返すが
    リアルな映画で、だからといって劇的に変わることも
    心を開くこともなく
    ラストシーンの就任あいさつで

    「自分はとても世界で11億人もいるカトリックを背負って神の代理人などつとめることはできないから法王になることを辞退します」

    と演説して終わるっていう
    コメディなんだけど、ある意味とてもリアルな映画


    【「ローマ法王の休日」って映画知ってる。】の続きを読む


    ローマの休日』(ローマのきゅうじつ、原題:Roman Holiday)は、1953年製作アメリカ映画。 ウィリアム・ワイラーが製作・監督した。イタリアローマを表敬訪問した某国王女と、彼女が滞在先から飛び出し一人でローマ市内に出たとき知り合った新聞記者と切ない24時間
    44キロバイト (4,857 語) - 2019年12月19日 (木) 01:01



    (出典 img.ellegirl.jp)


    とりあえず、一番有名な映画であることは間違いなさそう。

    1 名無シネマ@上映中 :2019/07/29(月) 19:07:17.75 ID:Ei/WYXRj.net

    異論あるやついる?


    【世界の映画史上最高傑作はローマの休日?】の続きを読む

    このページのトップヘ