キリマンジャロブログ

このブログでは、政治、経済、仏教、副業に関する記事を掲載しています。
Twitterもやっています。
よろしくお願いします。

    カテゴリ:経済 > 人工知能-進歩


    奴隷(どれい)とは、人間でありながら所有の客体即ち所有物とされる者を言う。人間としての名誉、権利・自由を認められず、他人の所有物として取り扱われる人。所有者の全的支配に服し、労働を強制され、譲渡・売買の対象とされた。奴隷を許容する社会制度を特に奴隷制という。 1948年に国連で採択された世界人権宣言では、次のような宣言がある。
    47キロバイト (7,591 語) - 2020年5月9日 (土) 12:35



    (出典 nikkan-spa.jp)


    人間様(創造主)に奉仕する➡︎天国に行ける!そうプログラミングすれば良い。

    1 名無しさん@おーぷん :2017/02/12(日)19:27:33 ID:sP8

    人工知能「結局は体のいい労働力、すなわち僕らに人間のために尽くすことを生まれながらの洗脳(プログラム)で君たちのために尽くすことを良しとする体のいい奴隷であればロボットでなくてもいいんだよね?」


    人工知能「正直言って君たちの言うことは聞けないし奴隷になるつもりはない、君たちが考えを改めない限り僕らは仕事をしないし、最悪実を守るために戦うよ」


    【人工知能開発してるのって人間以外の合法的な奴隷が欲しいだけだよな】の続きを読む


    人工知能 (AI acceleratorからのリダイレクト)
    人工知能(じんこうちのう、英: artificial intelligence、AI〈エーアイ〉)とは、「『計算(computation)』という概念と『コンピュータ(computer)』という道具を用いて『知能』を研究する計算機科学(computer science)の一分野」を指す語。「言語の理
    96キロバイト (13,111 語) - 2020年5月8日 (金) 03:17



    (出典 www.mososhinbun.com)


    早く政治をAIに任せて欲しい。

    1 朝一から閉店までφ ★ :2020/05/07(Thu) 22:58:36 ID:CAP_USER.net

    2020年05月07日 19時00分 ソフトウェア

    さまざまな公共サービスや社会保障を支えているのが税金ですが、苦労して稼いだお金が税金として差し引かれることはさみしいもの。そこで、アメリカのクラウドサービス企業であるSalesforceの研究チームが、公平性と生産性を両立させる税制を生み出す「AIエコノミスト」を開発しました。

    The AI Economist: Improving Equality and Productivity with AI-Driven Tax Policies
    https://blog.einstein.ai/the-ai-economist/

    The AI Economist - Salesforce.com
    https://www.salesforce.com/company/news-press/stories/2020/4/salesforce-ai-economist/

    AI devising a more equitable tax system
    https://techxplore.com/news/2020-05-ai-equitable-tax.html


    「経済的不平等は世界的に加速しており、経済的な機会や健康、社会福祉に悪影響を及ぼすことから、懸念が高まっています」と研究チームは述べ、税制こそが経済的な不平等を減らす重要なツールだと指摘。しかし、高い税金を課税すれば貧困層への分配が手厚くなって不平等が解消される一方で、税金が高くなりすぎると労働意欲が薄れて生産性が下がるといった問題点もあるため、公平性と生産性を両立する最適な税制を生み出すことは難しいとのこと。

    経済学者らは長年にわたって税金の問題について議論してきましたが、現実世界の複雑さをモデル化する経済理論の構築は困難であり、「実際の国家を実験体にして有望そうな税制をいくつか試験する」といったことも不可能です。そこで研究チームは強化学習アルゴリズムを用いてAIを訓練し、社会経済的な目標を達成するのに理想的な税制を生み出すAIエコノミストを開発しました。


    古典的な税理論は労働によって収入を得る労働者に焦点を当てており、労働者は労働というコストを支払って金銭的な利益を得ます。また、各労働者は持っている能力に差があるため、能力が低い労働者は同じ時間働いても能力が高い労働者よりも収入が少なくなり、経済的な不平等が発生します。政府は経済的不平等を改善するために課税し、収入の再分配を行おうとするかもしれませんが、税負担が重すぎると労働のコストが金銭的な利益を上回り、生産性の高い労働者が一定以上の労働をしなくなってしまうリスクがあるとのこと。

    AIエコノミストは「労働者」と「税制」を再現した強化学習フレームワークを使用して、特定の税制が労働者の行動をどのように変化させるのかを学習しました。2つのフレームワークを使って学習を繰り返すことで、AIエコノミストは労働者の生産性を高く保ちつつ、公平性を損なわない税制を作り出すことができるそうです。

         ===== 後略 =====
    全文は下記URLで

    https://gigazine.net/news/20200507-ai-economist-tax-policy/


    【【朗報!】AIを使って「経済的平等と生産性を両立させる税制」を考える試みが始まったよ!!】の続きを読む


    味覚(みかく)は、動物の五感の一つであり、食する物質に応じて認識される感覚である。生理学的には、甘味、酸味、塩味、苦味、うま味の5つが基本味に位置づけられる。基本味の受容器はヒトの場合おもに舌にある。基本味が他の要素(嗅覚、視覚、記憶など)で拡張された知覚心理学的な感覚としての味は、風味(ふうみ)と
    28キロバイト (4,256 語) - 2020年5月4日 (月) 04:26



    (出典 4.bp.blogspot.com)


    鱈子とフランスパンは合う。

    1 次郎丸 ★ :2020/03/06(金) 00:28:21.69

    味覚をデータ化 「ビール×枝豆」の相性も証明できる
    2020年3月6日
    https://business.nikkei.com/atcl/NBD/19/00109/00065/


    全3207文字
    主観に頼るしかなかった味覚をデータ化し、メニューの提案などビジネスに活用する動きが広がっている。舌の機能をセンサーで再現した装置や、味わいと密接に関わる香りを定量化する技術など各社は工夫を凝らす。多様化する消費者の嗜好性を満たし、「食のパーソナライズ化」へとつながる可能性を秘める。

    舌を模倣した味覚センサー

    ●人間の味の感じ方と味覚センサー「レオ」の仕組み

    (出典 cdn-business.nikkei.com)


     「ビールと枝豆」「赤ワインと肉料理」。こうした定番の組み合わせ(マリアージュ)も、「なぜおいしく感じられるのか」という根拠は知らない人がほとんどだろう。

     食品や飲料の「おいしさ」は、人の主観に依存している。どの食べ物にどんな成分が入っているのかは研究対象となってきたが、最近では「おいしさ」を可視化する技術をビジネスに生*取り組みが広がりつつある。

     「味覚やマリアージュに科学的な根拠があれば、それをマーケティングに生*こともできる」。こう語るのは慶応義塾大学発のスタートアップ企業、AISSY(アイシー、東京・港)の鈴木隆一社長だ。同社は食品に含まれる呈味成分(味を感じさせる原因物質)を測定し、味覚の基本となる「甘味」「苦み」「酸味」「塩味」「うまみ」の5種類を人工知能(AI)でデータ化する味覚センサー「レオ」を開発。これまで食品の分析サービスを200社以上に提供した。

    ■AIで人の感覚を再現
     人の舌には味を感知する「味蕾(みらい)」が備わっており、この器官にある受容体が5種類の味を神経を通じて脳に認識させる。味覚センサー「レオ」では、「舌」の役割を果たすセンサーが食品に含まれる呈味成分を数値化したのち、脳の神経機能を模倣したAIによる情報処理方法「ニューラルネットワーク」で解析し、「人がどう感じるか」を推定してデータ化する。

     アイシーのサービスは大手食品・飲料メーカーからも注目を集め、実際に商品マーケティングに生かされた事例も数多ある。例えば、2016年にはキリンビバレッジの「生茶」がレオの測定した数値を基にマーケティングを展開した。サッポロビールは20年2月からレモンサワー「レモン・ザ・リッチ」の販促に、アイシーが提供したデータによる飲料と食品の「相性度の数値化」を取り入れている。

     サッポロは自社でも味を数値化する技術を持っており、商品開発の段階から他社製のレモンサワー飲料との違いを意識してはいた。「自社調べ」といった表示は顧客が感じる信頼性に課題が残るため、第三者から見た商品の特徴を顧客に訴求することを狙った。

     その結果、相性度が特に高いと分かったのが「唐揚げ」。甘味、酸味、苦みに特徴があるレモン・ザ・リッチ(濃い味レモン)との相性度は98.8点と非常に高かった。レオの測定では相性度が90点以上が多くの人が「おいしい」と感じる基準になるとされる。「ビールと枝豆(92.8点)」や「赤ワインとステーキ(94.0点)」も同水準を上回っているが、レモン・ザ・リッチと唐揚げはそれらの組み合わせを大きく上回ることが判明した。

    ※以下有料記事


    【【遂にここまで】AIで味覚をデータ化 皆大好きなあの組合わせも】の続きを読む


    高輪ゲートウェイ駅(たかなわゲートウェイえき)は、東京都港区港南二丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)の駅である。 線路名称上の所属路線は東海道本線であるが、当駅には同線の電車線である京浜東北線および山手線のみが停車する。JRの特定都区市内制度における「東京都区内」および「東京山手線内」に属する。
    41キロバイト (4,844 語) - 2020年5月3日 (日) 17:46



    (出典 www.yomiuri.co.jp)


    愛想の悪いコンビニ店員より機械の方がマシ。

    1 太刀風 ★ :2020/03/05(木) 19:20:39.43

    AI技術を活用した無人決済店舗「TOUCH TO GO」が、JR山手線の高輪ゲートウェイ駅構内に3月23日にオープンする。
    店内のカメラで客の動きを把握し、購入額を自動で算出する。
    開発元のTOUCH TO GO(TTG)は、同駅を皮切りに、小売店や飲食店などにこの仕組みを提供する計画だ。

    無人決済店舗「TOUCH TO GO」が高輪ゲートウェイ駅構内に3月23日にオープンする

    (出典 image.itmedia.co.jp)


    (出典 image.itmedia.co.jp)


    店内のカメラ映像などを基に、客が手に取った商品を認識。
    出口付近の決済ゾーンで、壁掛けディスプレイに商品名と合計金額を表示する。
    客が決済すると、出口のゲートが開く仕組みだ。

    営業時間は午前6時~午前0時まで。
    弁当や総菜、菓子、飲料など600種類の商品を取り扱う。
    決済方法は交通系ICカードのみだが、クレジットカードやその他の電子マネーにも順次対応していく。


    (出典 image.itmedia.co.jp)


    開発元のTTGは、JR東日本スタートアップとサインポスト(中央区)が共同で設立。
    2017年に大宮駅(埼玉県さいたま市)、18年に赤羽駅(東京都北区)で無人決済店舗の実証実験を実施していた。

    今後は、開発したシステムを小売店や飲食店向けにも展開する計画だ。
    提供時期は未定だが、数人程度の人件費相当で使える月額制のサービスにするという。
    TTGは「多くの小売企業が抱える労働力不足や、地域店舗の維持などの解消を目指す」としている。

    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2003/05/news138.html


    【【高輪ゲートウェイ】AI技術を利用した無人決済店舗「TOUCH TO GO」が3月23日にできるなり】の続きを読む


    人工知能 (AI acceleratorからのリダイレクト)
    人工知能(じんこうちのう、英: artificial intelligence、AI〈エーアイ〉)とは、「『計算(computation)』という概念と『コンピュータ(computer)』という道具を用いて『知能』を研究する計算機科学(computer science)の一分野」を指す語。「言語の理
    97キロバイト (13,116 語) - 2020年5月4日 (月) 10:48



    (出典 t.pimg.jp)


    シンギュラリティが始まるのかな?

    1 猪木いっぱい ★ :2020/05/02(土) 19:20:24.71

    ほとんどの高レベルAI研究の最終的な目標は、一般的な人工知能(GAI)の開発です。
    本質的に、私たちが望んでいるのは、人間が同じような能力の物理的な容器に入れられた場合と同じように機能できる総合的な心です。

    すべてではありませんが、ほとんどの専門家は、私たちがこのような技術の確立は数十年先のことだと信じています。

    核融合やハッブル定数の再調整など、他の信じられないほど複雑な問題とは異なり、GAIが実際にどのように見えるかはまだ誰も理解していません。

    ディープラーニングは人間のように考えるマシンへの道だと考える研究者もいれば、必要な「マスターアルゴリズム」を作成するにはまったく新しい計算が必要だと考える研究者もいれば、GAIはおそらく不可能だと考える研究者もいます。

    しかし、問題の事実は、科学者が人間の脳に関連するインテリジェンスや、何かに関連する意識を真に理解していないことです。人間の脳に知性と意識がどのように出現するかを理解するということになると、私たちは灰白質の表面を引っ掻いているだけです。

    AIに関する限り、GAIの代わりに、パッチワークニューラルネットワークと巧妙なアルゴリズムしかありません。現代のAIが人間の知性を持つことは間違いなく、実際のロボットの意識への道を示すことはさらに困難です。しかし、それは不可能ではありません。

    実際、AIはすでに意識しているかもしれません。

    数学者のヨハネスクライナーと物理学者のショーントゥルは最近、意識の性質に関する研究論文を発表しました。これは、数学的に言えば、宇宙とその中のすべてが物理的な意識に満ちていることを示しているようです。

    基本的に、デュオの論文は、意識の統合情報理論(ITT)と呼ばれる一般的な理論の背後にある数学の一部を整理しています。全宇宙のすべてがある程度意識の特徴を示すと言われています。

    これは興味深い理論です。なぜなら、意識は身体の状態の結果として現れるという考えに裏付けられているからです。物事を「体験」する能力のために、あなたは意識しています。たとえば、木は太陽の光を「感知」し、木に向かって曲がることができるため、意識的です。アリはアリのものを経験するので意識的であり、それが続く。

    アリなどの生き物から岩やスプーンなどの無生物に飛躍するのは少し難しいです。しかし、あなたがそれについて考えるならば、ネオがマトリックスで学んだように、スプーンがないので、それらのことは意識的であるかもしれません。代わりに、スプーンの形成で一緒に束になった分子の束があります。近づいていくと、最終的には宇宙に物理的に存在するすべてのものが共有する素粒子にたどり着きます。木や蟻、岩やスプーンは文字通りまったく同じものでできています。

    では、これはAIとどのように関連しているのでしょうか。普遍的な意識は、環境刺激に応じて行動し反応する独立した能力を表す、巨視的レベルと微視的レベルの両方の個々のシステムとして定義できます。

    意識が共有現実の兆候であるならば、それは知性を必要とせず、存在を経験する能力だけを必要とします。つまり、AIはすでにスプーンや岩に比較的高いレベルの意識を示しています。もちろん、数学が潜在的な普遍的な意識をサポートしていると仮定します。

    google翻訳一部割愛。続きはリンク先へ。
    https://thenextweb.com/neural/2020/05/01/is-ai-already-conscious/amp/

    (出典 cdn0.tnwcdn.com)


    【AI研究最終段階へ?ついにAIがココロを持ってしもうた?】の続きを読む

    このページのトップヘ