キリマンジャロブログ

このブログでは主に時事ネタや様々な業種で働く人に関しての記事を掲載していきます。
枝豆昆布という名前でTwitterもやっています。
よろしくお願いします。

    カテゴリ:コロナ特集 > 会社、雇用


    通勤(つうきん)とは、職住分離における自宅と職場(勤務先)を往復する行為をいう。日本の都市部では特に鉄道の混雑率の高さから、これを「痛勤」と駄洒落的に皮肉って表現することがある。また、通勤時間を経済の観点からみたものを通勤コストという。 自宅と職場の地理関係と距離により、様々な組み合わせの通勤手段が選ばれる。
    8キロバイト (1,144 語) - 2020年3月28日 (土) 10:27



    (出典 oki.ismcdn.jp)


    電車の中で座れたら本読んでてもいいし、座れなくてもスマホで教養身につけたりはできる。無駄にするかしないかは本人次第。

    1 風吹けば名無し :2020/02/19(水) 22:20:32 ID:kbR82/2wp.net

    時は金なりという言葉を知らないアホ
    通勤時間長くするなら会社の近場に住んで残業代貰って残業する方が良い
    通勤時間長いとストレスも増えるしな


    【時は金なり!!通勤時間ってサービス残業と同じだよな?】の続きを読む


    中小企業(ちゅうしょうきぎょう)は、経営規模が規定以内の企業のこと。 中小企業基本法では、第二条で「中小企業者の範囲」を次のように定義している。資本要件、人的要件いずれかに該当すれば、中小企業者として扱われる。 資本の額(資本金)又は出資の総額が3億円以下の会社又は常時使用する従業員・社員の数が30
    17キロバイト (2,721 語) - 2020年3月7日 (土) 00:21



    (出典 pbs.twimg.com)


    なんとか終息して欲しいものだ。

    1 田杉山脈 ★ :2020/04/26(日) 19:11:16.53 ID:CAP_USER.net

    新型コロナウイルス感染拡大がいつまでに終息すれば経営的に乗り切れるか、3月末に中小企業に聞いたところ「3月末」から「6月末」との回答が計6割に上ったことが26日、エヌエヌ生命保険(東京)が実施した全国の経営者への調査で明らかになった。感染が早期に収まらなければ相次いで経営危機に陥る恐れがある。外出自粛などで観光業や飲食業など幅広い業種の売り上げが急減しており、担当者は「運転資金の需要が高まっている」と指摘している。

     回答は「4月末」が20.3%、「5月末」は16.6%、「6月末」が15.5%で続いた。「3月末」も含め「6月末」までが計59.5%に上った。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/f3ae948a6e75450e793bcee7985966b953a63e8b


    【コロナ終息、6月末まで実現しないと中小企業6割倒産?】の続きを読む


    め、時間外労働・休日労働を設定しない限りは週休2が確保されることとなる。企業によっては週休3を確保するため、変形労働時間制を採用して労働時間を110時間×4 = 1週40時間としている場合もある。一方、16.5時間労働×6=39時間として週休1を堅持する方法も可能である。
    17キロバイト (2,900 語) - 2019年9月21日 (土) 00:04



    (出典 fire-jin.com)


    給与減らなければその方がいい。水曜日休みがいい。

    1 孤高の旅人 ★ :2020/05/11(月) 11:43:43 ID:cK3dI+a49.net

    経団連「週休3日制検討を」 感染予防指針案が判明―新型コロナ
    2020年05月08日20時27分
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2020050801055&g=eco

     経団連がまとめる新型コロナウイルスの感染予防対策ガイドライン(指針)の原案が、8日分かった。派遣や請負も含めた労働者全員を感染から守る体制づくりのほか、通勤時の感染リスク軽減に向けた週休3日制導入の検討を促している。政府の専門家会議の意見を踏まえ、14日にも公表する。
     原案は、経営トップによる体制整備のほか、従業員の通勤リスク対策、健康確保や職場環境などについて、企業が取り組むべき具体策を例示している。政府は事業再開に向けて各業界ごとに感染予防対策ガイドラインを策定するよう求めており、経団連の指針はそのたたき台になる。


    【【朗報?】経団連、週休3日制検討14日にも公表!】の続きを読む


    コロナウイルス(英語: coronavirus; CoV)は、ゲノムとしてリボ核酸 (RNA) をもつ一本鎖プラス鎖RNAウイルスで、哺乳類や鳥類に病気を引き起こすウイルスのグループの1つであり、ニドウイルス目コロナウイルス科オルトコロナウイルス亜科(英語版)に属するものを扱う。
    44キロバイト (4,789 語) - 2020年5月10日 (日) 00:38



    (出典 www.tokyo-np.co.jp)


    異様な光景ですね。地方住みで良かった。

    1 1号 ★ :2020/03/03(火) 12:46:54.84

    https://twitter.com/eddizinh0/status/1234348897201319936

    Walking Dead

    (出典 pbs.twimg.com)



    東京で撮影した出勤風景が衝撃的だと話題になっています。
    話題になっているのは東京の品川駅で撮影された写真で、そこにはマスク姿で歩くサラリーマン達がズラッと並んでいました。

    新型コロナウイルス対策でマスクを付けていますが、この状況でも多くの人たちが仕事や会社を優先している様子に、世界からは「Working Dead」「ディストピア」などと驚きの声が相次いでいます。
     
    https://johosokuhou.com/2020/03/03/26775/



    画像引用元
    Abe says gov't will announce more measures on March 10 to counter virus
    Mar. 2  04:05 pm JST

    https://japantoday.com/category/national/japan-to-announce-more-measures-on-march-10-to-counter-virus-pm-abe


    ★1が立った時間 2020/03/03(火) 09:58:40.20
    ※前スレ
    【社畜】東京で撮影した出勤風景が衝撃的だと話題に!スーツにマスク姿 コロナウイルスでも仕事優先 ★3
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1583202935/
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


    【【社畜】コロナ下の東京で撮影した出勤風景が衝撃的だと海外で話題に、驚きの写真がこちら!】の続きを読む


    機根 (根性からのリダイレクト)
    機根(きこん)とは、仏の教えを聞いて修行しえる能力のこと。また仏の教えを理解する度量・器のことで、さらには衆生の各人の性格をいう。一般にいう根性は、この機根に由来する言葉である。良い根性は、善根(中国語: 善根)と呼ばれます。 「機」とは、人の心の機縁、はたらきを意味し、「根(中国語: 善根)」とは、その人の根本的な性質や性格を意味する。
    3キロバイト (505 語) - 2019年2月16日 (土) 01:35



    (出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)


    今回のコロナ禍を契機として、理不尽な社畜文化は是正されて欲しい。

    1 マイコプラズマ(北海道) [CN] :2020/02/17(月) 15:47:07.19


    新型コロナ、和歌山の医師が感染 解熱剤服用しつつ勤務
    https://www.asahi.com/articles/ASN2F6QVCN2FPTIL03W.html

    発熱後、都内に通勤 千葉県、周囲の健康把握へ 20代男性新型肺炎感染
    https://www.chibanippo.co.jp/news/national/667594

    都内の40代男性会社員、新型肺炎重症化 発熱後の2月10日に新幹線で愛知県に出張
    https://mainichi.jp/articles/20200215/k00/00m/040/236000c

    救急隊員の感染「想定せず」 神奈川県と横浜市、十分な対策強調 発熱後も1件担当
    市によると、隊員は10日午後11時前ごろに検温し、38度の発熱を確認したが勤務を続け
    https://mainichi.jp/articles/20200216/k00/00m/040/006000c


    【今年の2月半ばの話だけど、日本人のコロナウイルス感染者、ほとんどが発熱しても働き続けていた事が判明!⬅︎そりゃあ流行るわ】の続きを読む

    このページのトップヘ