キリマンジャロブログ

このブログでは、政治、経済、仏教、副業に関する記事を掲載しています。
Twitterもやっています。
よろしくお願いします。

    カテゴリ:結婚・出産 > 肯定派


    高齢出産(こうれいしゅっさん)とは、統計上または医学上、女性が35歳以上で子どもを出産することである。 日本産科婦人科学会によると高齢出産とは、35歳以上の初産婦(高齢出産(高年初産))と定義されている。1991年以前は30歳以上の初産婦であったが、30歳以上の初産婦が増えたこと、WHOをはじめとす
    60キロバイト (3,022 語) - 2020年4月27日 (月) 00:46



    (出典 president.jp)


    別に勝手にすればいいと思うけどな。発展途上国はドンドン産んでるんだから。

    1 膝十字固め(東京都) [IT] :2020/05/09(土) 20:10:57 BE:468394346-PLT ID:nQEzBxnL0.net

    sssp://img.5ch.net/ico/1fu.gif
    「見た目年齢」という言葉が溢れる現代、今や見た目年齢は自分で作る時代に。肌やボディの
    アンチエイジングに力を入れている方も多いのではないでしょうか。

    高齢出産の定義は、WHOで決められていて「35歳以上の初産、2人目以降であれば40歳以上」とされています。
    寿命は延び、見た目年齢の若い人は増えていますが、それはあくまでも外見上のこと。
    今も昔も「卵子の加齢」は変わらないため、生物学的な妊娠適齢期は25~30歳です。

    ですからここで一番お伝えしたいのは、妊娠可能年齢には明確な「タイムリミット」があるということ。
    さらにそれをしっかり理解した上で、自分のライフプランを立てることが最も重要だということです。

    何となく仕事を優先していたら40歳を過ぎていましたとか、ぼんやり結婚の時期を延ばしていたら40歳を過ぎていました、
    とならないように将来子供が欲しいのか、欲しいとしたら何人なのか、何歳くらいで産みたいのか、などをしっかり計画してくださいね。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200424-00023672-nallabout-life


    【見た目年齢とは無関係!!女性へ、子供を欲しいなら30までに結婚し、中田氏。これしかない。後悔しても遅いぞ】の続きを読む


    働く女性 (カテゴリ 社会科学関連のスタブ項目)
    進出した。ソ連では戦闘機のパイロットとしても動員され、エース・パイロットも誕生している。また主に男性の職業だった計算手は女性の職業となり、事務作業全般に女性が進出した。 1960年5月、米国で経口避妊薬の発売が認可、女性の社会進出が米国において加速していく契機となる。
    25キロバイト (3,382 語) - 2019年12月3日 (火) 06:51



    (出典 internet-homework.com)


    一度失敗してから這い上がり、憲政史上最長任期となった根性と能力は認めるが、
    桜を見る会を始めとした富裕層優遇や高齢者優遇措置ばかり取って庶民の、特に子育て世代に回さなかったからこんな事になってるんだろうが。
    と思えてならない。

    1 ばーど ★ :2019/12/10(火) 16:15:29.07

    安倍晋三首相は9日の記者会見で「安倍内閣は子供たちの未来に、思い切って投資することで少子高齢化に真っ正面から立ち向かう」と述べた。

    2019.12.9 18:20 産経新聞
    https://www.sankei.com/politics/news/191209/plt1912090022-n1.html

    関連スレ
    【令和元年の出生数】87万人を下回ると予測★2
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1575961767/

    ★1が立った時間 2019/12/09(月) 18:50:48.71
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1575944855/


    【安倍首相「少子高齢化に真っ正面から立ち向かう」】の続きを読む


    恋愛や結婚に慎重になる」と分析している。教育評論家の尾木直樹は恋愛離れの原因をSNSの普及とし、「SNSの普及で全てがバーチャルになってしまい、若者の精神的な成熟だけでなく、身体的、性的な成熟も遅れている」と分析している。一方、若者の恋愛離れ
    41キロバイト (6,432 語) - 2019年12月3日 (火) 03:31



    (出典 city.living.jp)


    書き込みにもあったけど、お金が無いのが恋愛離れの原因なら、終戦間もない時もそうだったはずなのに、実際は違う。
    生活水準が上がって皆が我儘になった事が原因じゃないだろうか?

    1 ばーど ★ :2019/12/04(水) 14:49:19.07

    「若者の〇〇離れ」は枚挙にいとまがない。11月27日のキャリコネニュースで「若者の恋愛離れが加速、一体なぜ?」https://news.careerconnection.jp/?p=83112という記事がネット上で注目を集め、物議を醸している。当該記事は中央大学文学部の山田昌弘教授が、民間企業と共同で行なった意識調査について解説したものだ。

    調査に寄ると結婚意思はこの20~30年間85%と高い水準のままだが、恋愛に関しては「交際したい」が55%と低く、交際したくない理由は「一人でいることが好きだから」(40.8%)、「交際をすることが面倒だから」(32.1%)などが並んだ。山田教授は、

    「今の若い人を理解する鍵は『面倒くさい』だと思ってます。自分を曲げてまで付き合う必要はあるのだろうかという意識が強く、都合のいい相手が現われるまで恋愛しなくていいという考えがあります」

    と話し、メイドカフェやキャバクラ、アイドルなどで一時的な恋愛の代替えを楽しんでいる、といった解説もしている。これについてガールズちゃんねるではトピックが立ち、「おじさんに何が分かる」「大学生だけどゼミもサークルも恋人いる人のほうが多いよ」といった反論が上がった。(文:okei)

    CDを買ってアイドルと握手することは「好きな人に告白してデートして将来考えるよりコスト安い」

    「若者」といっても、調査対象は30代まで。学生と社会人では考え方も違うだろう。同時に「恋愛したくてもお金がない」という声も多い。

    「定時で帰れてお給料いっぱいで老後も安心できるなら若者だって違ってくるよ。今の日本じゃ何もかも無気力になるよ」
    「いや、お金無いんですよ。一枚1000円で好きなアイドルと握手することがお金払えば~ってことだろうけど、普通に好きな人に告白してデートして将来考えるよりコスト安いからね」

    など、恋愛離れを否定はしないが、それは厳しい経済状況が関係していると訴える。基本的な経済力や社会的地位が安定していないため、具体的な行動に移せないという。ツイッターにも同様の声が上がっていた。

    「若者の〇〇離れ」は、決して若者を責めているわけではない。しかし若い世代からすると「いわれなき責任転嫁」だろう。非正規雇用の増加など、社会構造を変えたのはもう若くない大人たちだ。文句の1つも言いたくなるってものだ。

    「ネトフリ見ながらコンビニスイーツを食べる日々」だっていいじゃない

    他方、そもそも恋愛至上主義的な考え方が「おしつけで異常だった」と捉える人もいる。調査結果に納得する人も多く、

    「単純に面倒くさいって人の方が多そう。1人で楽しめる娯楽もあるし」
    「私もこれだと思う。動画やら漫画やらゲームとか、ネットさえあれば一人楽しく過ごせるからなー。人付合いの面倒さより一人楽しく過ごせる方を選んでしまう」

    と共感する人もいる。先月、人気漫画『東京タラレバ娘 シーズン2』(東村アキコ/講談社)が発売されたが、独身で30歳のヒロイン・令菜がそんな感じだ。恋人どころか長らく好きな人さえいないが、仕事から帰宅後はネットフリックスを見ながらコンビニスイーツを食べる日々に特に不満を持っていない。

    東村さんは、「私のまわりの25~30歳くらいの女の子の日常を参考にそのまま描きました」としている。恋愛に対してまったくガツガツしておらず、自分なりの幸せを謳歌しているのだ。最小限のコストで楽しく暮らせればそれでよい、という考えは何も悪くないように見えた。そもそも恋愛は個人の問題で、統計云々は微塵も関係ないのだから。

    2019年12月4日 13時42分
    キャリコネニュース
    https://news.livedoor.com/article/detail/17476734/

    (出典 image.news.livedoor.com)


    ■関連過去スレ
    【社会】「若者の恋愛離れ、SNSも一因」 “婚活生みの親”山田教授が指摘 「恋愛=面倒」の意識強く ★2
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1575085645/


    【【no money】“若者の恋愛離れ”に反論続出】の続きを読む

    このページのトップヘ