キリマンジャロブログ

このブログでは主に銀行などの金融業に関しての記事を掲載していきます。
枝豆昆布という名前でTwitterもやっています。
よろしくお願いします。

    カテゴリ:コロナ特集 > 医療現場


    主に歯磨きの清掃効果を高めるなどの目的で、歯ブラシのブラシ繊維(いわゆる“毛”)の先端につけるペーストを歯磨剤と言う。一般にはそれは「歯磨き粉」や「ハミガキ」「練り歯磨き」などと呼ばれている。歯磨剤がペースト状であるにもかかわらず「歯磨き粉」と呼ばれる理由は、かつて粉状の歯磨
    10キロバイト (1,510 語) - 2019年6月20日 (木) 09:29



    (出典 www.nakayama-dc.com)


    臭そう。

    1 名無しさん@おーぷん :20/06/19(金)15:04:00 ID:6Pq

    なんの異常も無かったわ


    【全然歯を磨かない俺が6年ぶりに歯医者に行った結果wwwww】の続きを読む


    キラキラネームとは、一般常識から著しく外れているとされる珍しい名前(本名)に対する表現。類似のインターネットスラングにDQNネームがある。中傷表現が許されないメディアなどでは「キラキラネーム」が好まれるものの、揶揄・侮辱の文脈で用いられがちである点は共通している。
    20キロバイト (2,887 語) - 2020年6月8日 (月) 13:52



    (出典 enfant.living.jp)


    提案する医者も同意する親も頭おかしい。

    1 ことちゃん(SB-Android) [GB] :2020/04/30(木) 00:26:57.09


    コロナちゃん、ロックダウンくん… 子に新型ウイルスちなんだ名前付ける親たち
    4/29(水) 20:32配信

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200429-00000036-jij_afp-int


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    インド・アガルタラで、母親の傍らで横になる「ロックダウン」と名付けられた男の子(2020年4月28日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News
    【AFP=時事】新型コロナウイルス、ロックダウン(都市封鎖)、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)といった言葉にちなんだ名前を、生まれたわが子に付ける親が世界各地で現れている。

    【関連写真】フィリピンでは「コビット」ちゃん誕生

     インド南東部の病院では最近、同時期に出産した女性2人が医師の提案を受け、それぞれ自分の子にコロナ・クマール(Corona Kumar)、コロナ・クマリ(Corona Kumari)と名付けた。

     医師は母親らに「コロナと名付けることによって病気への意識向上に役立つかもしれない」と語ったといい、「驚いたことに母親たちも同意した」という。

     また、出稼ぎ労働者のサンジェイ・バウリ(Sanjay Bauri)さんはインド北西部ラジャスタン(Rajasthan)州の自宅から数千キロも離れた場所で足止めを食らい、「こんなつらい時期に直面したすべての苦難を記憶する」ため、生まれてきた息子を「ロックダウン」と命名した。

     フィリピン中部バコロド(Bacolod)では、4月13日に生まれた女の子に父親のジョン・トゥパス(John Tupas)さんはコビッド・マリー(Covid Marie)と名付けようと決めた。

     トゥパスさんは命名の理由について、COVID-19が苦しみだけでなく、喜びももたらしてくれたことを思い起こさせる名前にしたかったと述べた。

     この命名に対してソーシャルメディアでは批判も寄せられたが、トゥパスさんは「いじめられるかもしれないが、娘には良い人間になるように教える」「思い直すことはなかった」と動じなかった。


    【医者「可愛い赤ちゃんですね。コロナと名付けたらどうですか」→母親たちも同意www】の続きを読む


    医療過誤(いりょうかご、英語: Medical malpractice)とは、医療における過誤によって患者に被害が発生することである。医療ミスともいう。 日本の厚生労働省リスクマネージメントスタンダードマニュアル作成委員会「リスクマネージメントマニュアル作成指針」によると、医療過誤は「医療
    5キロバイト (756 語) - 2019年12月1日 (日) 01:34



    (出典 www.ikedakatsumi.com)


    こんな医者には当たりたくない。

    2 卵の名無しさん :2020/06/15(月) 19:10:01 ID:jnY7bdq5.net

    人種や民族など本人が選択できないことを根拠とする区別は差別の批判を免れないが、
    ド底辺シリツ医大進学は本人の選択だよなぁ。

    これな!

    不朽の名投稿
    >>
    私は昭和の時代に大学受験したけど、昔は今よりも差別感が凄く、特殊民のための特殊学校というイメージで開業医のバカ息子以外は誰も受験しようとすらしなかった。
    常識的に考えて、数千万という法外な金を払って、しかも同業者からも患者からもバカだの裏口だのと散々罵られるのをわかって好き好んでド底辺医に行く同級生は一人もいませんでした。
    本人には面と向かっては言わないけれど、俺くらいの年代の人間は、おそらくは8-9割はド底辺医卒を今でも「何偉そうなこと抜かしてるんだ、この裏口バカが」と心の底で軽蔑し、嘲笑しているよ。
    当の本人には面と向かっては絶対にそんなことは言わないけどね。
    <<

    東京医大の事件は裏口入学が現在進行形であること如実にしめした事件だよね。
    シリツ医の使命は裏口入学撲滅国民運動の先頭に立つことだよ。
    裏口入学の学生を除籍処分にしないかぎり、信頼の回復はないね。つまり、いつまで経ってもシリツ医大卒=裏口バカと汚名は拭えない。シリツ出身者こそ、裏口入学に厳しい処分せよを訴えるべき。
    裏口入学医師の免許剥奪を!の国民運動の先頭に立てばよいぞ。
    僕も裏口入学とか、言ってたら信頼の回復はない。


    【お医者様でも底辺私立医大卒って頭悪いよな?】の続きを読む


    コロナ (ラテン語: corona) 、または太陽コロナは、太陽の外層大気の最も外側にある、100万ケルビン (K) を超える希薄なガスの層である。corona はラテン語で「冠」を意味する言葉で、古代ギリシャ語でガーランド(英語版)やリースを意味する κορώνη に由来する。
    51キロバイト (7,580 語) - 2020年6月4日 (木) 14:43



    (出典 easy-seikatsu.com)


    急ぎじゃなかったらあまり行かない方がいいだろうね。行くとしても他の患者が少ない時がいいと思う。

    2 病弱名無しさん :2020/05/10(日) 05:26:47.74 ID:/uEoP7X50.net

    歯科受診で新型コロナウイルスに感染する危険はあるの?

    「我々歯医者もジレンマを抱えており、一概にどちらとも言えません。状況次第です。」

    経営問題を別にしても、痛いとか困っている患者がいる以上、治療しなければいけない
    口腔環境や身体の免疫力と、ウイルス感染率は相関するから
    歯が痛いのを治療せず我慢して貰い、口腔内環境が悪化したり体調不良で免疫力が低下すると、感染率は上がる

    現時点では診療を抑制している歯医者も正しいし、通常通り診療している歯医者も正しい
    診療抑制している歯医者の場合、助成金目当てなこともある
    従業員が「感染が怖いから、助成金でお金は貰えるし休みたい」と出勤拒否するケースもあり

    「歯科医師と歯科衛生士がコロナ感染リスクが一番高いから歯医者は危険」という珍説は、歯医者ブロガーが完全に論破したのでそちらを参考に


    【コロナだけど歯医者に行っていいの?】の続きを読む


    医師国家試験(いしこっかしけん)とは、国家資格の一つである医師免許を取得するための国家試験。毎年2月中旬ごろに施行され、その規定は医師法第9~16条に定められている。医師免許は厚生労働大臣より個人に与えられる免許であるが、取消処分や不要となった場合は国に返納することができる。住所居所氏名などの管理は
    20キロバイト (2,293 語) - 2020年5月13日 (水) 11:45



    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)


    そう考えると、医学部の倍率って下がってそう。

    1 大学への名無しさん :2020/05/22(金) 12:58:02.82 ID:zDRG5z7X0.net

    医学部を志望の視野に入れてる受験生なら絶対に考えておかなければならない問題。

    医療関係者の人手不足の解消のため医学部の学生を現場で働かせる手段。
    これは現実にイタリアやイギリスが既にやってるんだよね。
    そして「他国がやってるなら我が国もやろう」となるのが日本だ。
    コロナの第2波や第3波以降も間を置いて起きうるわけよ。

    これは来年の医学部受験の面接でも聞かれる可能性のある話なんだよね。
    実際に日本でも起こりうる事態なわけだから真剣なはず。
    「国から徴集が来たら、自分が死ぬと分かってても現場で働けますか」と。
    コロナを戦争に例えた政治家がいたが、
    戦時中の国への信仰心や特攻隊になる覚悟のようなものがあるか聞かれるかもしれない。

    医学部志望者はどう答えるべきか?


    【もし、コロナで医師不足になって医学生の動員が来たら…】の続きを読む

    このページのトップヘ