ホワイト企業ホワイトきぎょう)とは、就職活動を行うに際して、入社後に福利厚生が整っていたり離職率が低い、各種法令や社内規則を遵守しているなどから入社することが好ましいとされている企業。反意語にはブラック企業という言葉が存在しており、従業員への待遇が酷い企業という意味で使われている。 ホワイト企業
5キロバイト (617 語) - 2020年5月20日 (水) 03:43



(出典 andcareer.co.jp)


頑張ってホワイト企業に入れればいいですね。

1 次郎丸 ★ :2020/03/04(水) 06:58:44.69

一流ホワイト企業ランキングTOP100 就活生の参考になるかな?
2020年3月4日
https://www.kyodo.co.jp/mamegaku/2020-03-04_2578453/

 ホワイト企業の調査・評価を行うホワイト企業総合研究所(Avalon Consulting・東京)は、正式に就活解禁を迎えた3月2日、就活生の企業選びの指標となるデータとして「2021年卒版 一流ホワイト企業ランキング TOP100」を発表した。

 ※中略

 そこで、就活生のブラック企業への就職を未然に防ぐために、「日本人の働き方をホワイトに。」をスローガンに掲げるホワイト総研は2018年から毎年「ホワイト企業ランキング」を発表し、就活生やその親に向けて情報提供をしている。

 3回目となる今回は、国内約1万2,000の企業・官公庁を対象に調査を実施、「ホワイトスコア」が高い上位100社を「2021年卒版 一流ホワイト企業ランキング TOP100」として発表した。

その結果、トップとなった三菱地所は、給与・福利厚生、財務指標、成長環境など全体的に高いポイントを獲得し、3年連続1位を獲得した。また、大手総合商社が4社ランクインしており、前年の2社から倍増している。

 一方、今年から外資系企業を加えたことで、グーグル、ヴイエムウェアなど外資のIT企業が上位にランクイン。また、比較的倍率が低い“隠れ一流ホワイト企業”は、日本新薬、太平洋セメント、北國銀行、兼松、浜松ホトニクス、横河電機、ダイナムなど。地方の電力会社、北國銀行や浜松ホトニクスなどの地方企業は、勤続年数が長く社員満足度も高いのが特徴だ


参考画像
2021年卒版 一流ホワイト企業ランキング TOP100
1位~50位
(出典 avalon-consulting.jp)

51位~100
(出典 avalon-consulting.jp)

出典-ホワイト企業総合研究所(Avalon Consulting・東京)
https://avalon-consulting.jp/20s-media/whiteranking/


【就活生の参考になるかな?一流ホワイト企業ランキングTOP100 】の続きを読む