採れたてアニメ速報

主に少年ジャンプのアニメや漫画についての記事を投稿していきます。
Twitterもやっています。
よろしくお願います。

    作者(芥見下々)


    芥見 下々(あくたみ げげ、1992年2月26日 - )は、日本の漫画家。岩手県出身。代表作に『呪術廻戦』などがある。 少年時代から集英社の漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』の愛読者であり、特に長期連載された「BLEACH」の大ファンであった。転校先にジャンプ好きの同級生がおり、そのグループらと絵を描く
    5キロバイト (496 語) - 2021年2月25日 (木) 05:33



    (出典 www.atpress.ne.jp)


    呪術廻戦の芥見下々のかっ

    1 風吹けば名無し :2021/03/14(日) 00:39:06.75 ID:DHyNnk1x0.net


    (出典 i.imgur.com)


    【なにぃぃー!!【悲報】呪術廻戦の芥見下々、韓国好きを公言wwwwwwwww】の続きを読む


    呪術廻戦』(じゅじゅつかいせん)は、芥見下々による日本の漫画。『週刊少年ジャンプ』(集英社)2018年14号から連載中。人間の負の感情から生まれる化け物・呪霊を呪術を使って祓う呪術師の闘いを描いた、ダークファンタジー・バトル漫画。 本作は、『ジャンプGIGA』2017 vol.1から2017 vol
    200キロバイト (34,071 語) - 2021年2月14日 (日) 15:14



    (出典 collabo-cafe.com)


    呪術廻戦も色んな作品に影響を受けてますね

    1 muffin ★ :2021/02/13(土) 19:30:58.92 ID:CAP_USER9.net

    https://myjitsu.jp/enta/archives/86407

    アニメ化をきっかけに、〝ネクスト鬼滅の刃〟と呼ばれるほどのヒット作となった『呪術廻戦』。ダークな世界観やスタイリッシュなキャラクターデザインは唯一無二でありながら、どこか懐かしい印象もある…。今回は、作者・芥見下々がどんな作品に影響を受けているのか、くわしく検証していこう。

    まず取り上げたいのは、冨樫義博による『HUNTER×HUNTER』。作画や構図が似ているとネット上でよく話題になっているが、作中に登場する特殊能力も見逃せない。「呪術廻戦」には人間の負の感情を力に変換する〝呪力〟と、それを戦闘などに利用する〝術式〟が存在する。こうした設定は「HUNTER×HUNTER」の念能力と酷似しており、どちらの作品でも主人公に能力を説明する際、空き缶に能力を使用する場面があった。

    また担当編集によって、久保帯人の人気漫画『BLEACH』からの影響が明かされたことも。芥見本人も「第26回 J新世界漫画賞」の審査員を務めた際、読者からの「言葉選びで参考にしているものはありますか?」という質問に対して「『BLEACH』を読んでください!!」と答えていた。個性的で洗練された技名やキャラクターなどは、まさしく「BLEACH」ゆずりだと言えるだろう。

    「HUNTER×HUNTER」と「BLEACH」はいずれも『週刊少年ジャンプ』の作品であり、ジャンプ作家として影響を受けているのは当然。ではその外部で、芥見が影響を受けている漫画家はいるのだろうか?

    まず1人目は、ホラー漫画家・伊藤潤二。「呪術廻戦」134話で、呪詛師・夏油傑が虎杖悠二に放った術式・極ノ番「うずまき」が、伊藤の作品『うずまき』に登場するキャラクターと酷似している。前日譚にあたる0巻にも同様の術式が登場していたのだが、本編で再登場した際には、より伊藤の作品に似せていた。他にも作中の渋谷事変では、伊藤の『潰談』にインスパイアされたような構図も登場。よほど伊藤の影響を色濃く受けているか、連載中にちょうど作品に目を通したのかもしれない。ちなみに伊藤は自作のオマージュについて把握しているようで、ツイッター上で「うずまき」パロディを指摘した呟きを「いいね」している。

    2人目は、『うしおととら』などの名作を生み出してきた漫画家・藤田和日郎。中でも芥見は、ダークファンタジー作品『からくりサーカス』に影響を受けているようだ。「からくりサーカス」に登場するルシール・ベルヌイユは、袖が膨らんだ変わった形のワンピースを着用している。そして「呪術廻戦」にも、似たような形のワンピースを着用している冥冥というキャラクターが。また黒を基調とした服装が多く登場するのも、両作品の共通点。ルシールと冥冥ほどではないが、既視感を覚えるキャラクターも少なくはない。

    余談だが、芥見自身も「日本三大既視感作品との呼び声高い」「どこで見たような作風に定評がある」などと自虐的なコメントを放ってきた。作品がヒットしても天狗にならず、謙虚に他作品を持ち上げるのは、一体どの作家から学んだ態度なのだろうか。


    【パクリ疑惑の『呪術廻戦』、作者が影響を受けた作品が判明か!?】の続きを読む


    吾峠 呼世晴(ごとうげ こよはる、1989年5月5日 - )は、福岡県出身の日本の漫画家である。 24歳の時に「どうせダメだろう」と処分するつもりだった読切作品「過狩り狩り」を、家族の「どうせならいちばん好きな雑誌に送ってみたら」という後押しを受け『少年ジャンプ』に初めて投稿した。同作は第70回(2
    9キロバイト (921 語) - 2021年1月31日 (日) 16:22



    (出典 i.ytimg.com)


    鬼滅の刃の吾峠 呼世晴さんの事を尊敬してるんですね

    1 muffin ★ :2020/12/19(土) 15:16:24.34

    https://www.oricon.co.jp/news/2179739/full/

    テレビアニメ『呪術廻戦』のイベントが19日、オンライン上で開催中の『ジャンプフェスタ2021 ONLINE』で行われた。出演キャストの榎木淳弥、内田雄馬、瀬戸麻沙美、中村悠一が出席する中、スクリーンに作者・芥見下々氏からのコメントや仕事場の風景などが公開された。

    同作は、『週刊少年ジャンプ』(集英社)で2018年3月より連載中の人気漫画で、ある強力な「呪物」の封印が解かれたことで、高校生の虎杖悠仁が、呪いをめぐる戦いの世界へと足を踏み入れるダークファンタジー。コミックスシリーズ累計発行部数が1500万部(デジタル版含む)を突破する人気作品。累計1億2000万部を突破した『鬼滅の刃』が、アニメ放送された19年4月時点で350万部(※3日後に発売された15巻で500万部)、放送終了の19年9月時点で1200万部だったことを考えると、すでに多くのファンがいることがわかる。

     また、『全国書店員が選んだおすすめコミック2019』で1位、『みんなが選ぶTSUTAYAコミック大賞2019』で大賞を受賞し、今年10月よりテレビアニメが放送されると、TBS系の『NEWS23』などで特集が組まれるなど今、注目されている。

    イベントでは芥見氏の仕事場写真がお披露目され、仕事で使用している液晶タブレットが公開。タブレットに人気漫画『鬼滅の刃』のシールを貼るほど好きな作品だそうで、好きなキャラクターは“鬼舞辻無惨”であることが紹介された。

    進行役の瀬戸は「『鬼滅の刃のヒットというものを、どのように見ているのか?』というのを(スタッフが)伺ったところ、『当然! という気持ちです』」と代弁。続けて、「『鬼滅の面白さや、呪術との違いはなんとなく担当さんと普段から話をしていて、言語化できるのですが、長いので割愛します』とのことです」と伝えた。

    現在、劇場版のアニメが大ヒット公開中で社会現象化している『鬼滅の刃』のヒットについて、詳しく聞きたかった榎木ら登壇者は「割愛されちゃった」「ちょっと聞いてみたい」などと気になる様子を見せた。


    (出典 pbs.twimg.com)


    【呪術廻戦』作者・芥見下々氏、『鬼滅の刃』のヒットは「当然! という思い」 ちなみに好きなキャラは…】の続きを読む


    芥見 下々(あくたみ げげ、1992年2月26日 - )は、日本の漫画家。自画像は複数あるが、『呪術廻戦』連載時は「単眼の猫」を用いている。 小学5年生頃から漫画家になる夢を抱いていた。 ホラー系のものは何でも大好きであり、好きなホラー小説に平山夢明の「異常快楽殺人」とジャック・ケッチャムの「オフ
    3キロバイト (294 語) - 2021年2月11日 (木) 02:05



    (出典 www.megahobby.jp)


    芥見 下々さんがんばれ

    1 名無しさん@おーぷん :21/02/05(金)17:17:01 ID:31G

    人気絶頂のとこで辛いわね


    【呪術廻戦、芥見 下々急病で連載休止に!?】の続きを読む


    芥見 下々(あくたみ げげ、1992年2月26日 - )は、日本の漫画家。自画像は複数あるが、『呪術廻戦』連載時は「単眼の猫」を用いている。 小学5年生頃から漫画家になる夢を抱いていた。 ホラー系のものは何でも大好きであり、好きなホラー本に平山夢明の「異常快楽殺人」とジャック・ケッチャムの「オフシ
    3キロバイト (294 語) - 2021年1月12日 (火) 04:02



    (出典 illustrain.com)


    心温まりますね。

    1 muffin ★ :2020/12/19(土) 15:16:24.34

    https://www.oricon.co.jp/news/2179739/full/

    テレビアニメ『呪術廻戦』のイベントが19日、オンライン上で開催中の『ジャンプフェスタ2021 ONLINE』で行われた。出演キャストの榎木淳弥、内田雄馬、瀬戸麻沙美、中村悠一が出席する中、スクリーンに作者・芥見下々氏からのコメントや仕事場の風景などが公開された。

    同作は、『週刊少年ジャンプ』(集英社)で2018年3月より連載中の人気漫画で、ある強力な「呪物」の封印が解かれたことで、高校生の虎杖悠仁が、呪いをめぐる戦いの世界へと足を踏み入れるダークファンタジー。コミックスシリーズ累計発行部数が1500万部(デジタル版含む)を突破する人気作品。累計1億2000万部を突破した『鬼滅の刃』が、アニメ放送された19年4月時点で350万部(※3日後に発売された15巻で500万部)、放送終了の19年9月時点で1200万部だったことを考えると、すでに多くのファンがいることがわかる。

     また、『全国書店員が選んだおすすめコミック2019』で1位、『みんなが選ぶTSUTAYAコミック大賞2019』で大賞を受賞し、今年10月よりテレビアニメが放送されると、TBS系の『NEWS23』などで特集が組まれるなど今、注目されている。

    イベントでは芥見氏の仕事場写真がお披露目され、仕事で使用している液晶タブレットが公開。タブレットに人気漫画『鬼滅の刃』のシールを貼るほど好きな作品だそうで、好きなキャラクターは“鬼舞辻無惨”であることが紹介された。

    進行役の瀬戸は「『鬼滅の刃のヒットというものを、どのように見ているのか?』というのを(スタッフが)伺ったところ、『当然! という気持ちです』」と代弁。続けて、「『鬼滅の面白さや、呪術との違いはなんとなく担当さんと普段から話をしていて、言語化できるのですが、長いので割愛します』とのことです」と伝えた。

    現在、劇場版のアニメが大ヒット公開中で社会現象化している『鬼滅の刃』のヒットについて、詳しく聞きたかった榎木ら登壇者は「割愛されちゃった」「ちょっと聞いてみたい」などと気になる様子を見せた。


    (出典 pbs.twimg.com)


    【『呪術廻戦』作者・芥見下々氏、『鬼滅の刃』の作者と仲良しか?】の続きを読む

    このページのトップヘ