キリマンジャロブログ

このブログでは僕が面白いと思った、アニメや映画に関する情報を掲載していきます。
よろしくお願いします。

    カテゴリ:時事ニュース > 経済


    ソフトバンクグループ > Zホールディングス > ZOZO 株式会社ZOZO(ゾゾ、英: ZOZO, Inc.)は、千葉県千葉市美浜区に本社を置く日本の会社。ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」、ファッションコーディネートアプリ「WEAR」、ブランド古着のファッションモール「ZOZOUSED」などのサービスを運営している。
    38キロバイト (4,975 語) - 2019年11月19日 (火) 12:19



    (出典 rimg.o-uccino.jp)


    1000億を50年で使い切るとして、1日当たり550万円程。
    果たして1日で使い切れる額だろうか?
    おそらく最初の内は豪遊や爆買いをするにしてもだんだん疲れてくるし、飽きてくるだろうね。
    とても使いきれないから、自分以外の誰かにも使って欲しいと思っても不思議じゃない。
    1000000000000からはどうなるんだろうか?五十年て割ると1日当たり5500万円程になる。毎日家を建てても使い切れない。
    ここまでくると世界経済活性化の為に使おうと感じるだろうか?

    1 ばーど ★ :2019/12/12(木) 11:31:58.89 ID:Y5o590wy9.net

     「ZOZO」創業者で実業家の前澤友作氏(44)が12日、自身のツイッターを更新し、資産の使い方について持論を展開した。

     公式YouTubeチャンネルを立ち上げ、11月29日に「【初投稿】1000億円を記帳してみた」のタイトルで動画をアップし、SNS上で様々な反響を呼んでいた前澤氏。

     前澤氏は「みんな、お金、お金、ってお金が好きねー。え…?俺のこと?←(国民の総意)」と切り出し、「10億円くらいまでは『よっしゃ自分で稼いだぜ!』が、100億円くらいになると『わーみんなのおかげでこんなにも』ってなって、1000億円とかになると『もはやこれは自分のお金なのかどうかも分からん。とにかく人や社会のために役立たせんと』ってなる。持ったら持ったで責任重大やでー!」とツイート。

     続けて「10億円くらいまでは人に隠したがるのは分かる。自分で稼いだ自分だけのお金だと思いがちだから。けど100億とか超えてくると、さすがにそれはみんなのおかげ。だから、こんなの買ったから今度見てね触ってねって共有したくなるし、堂々と公開する」とし、「隠したり脱税したり海外に逃がすとか論外」とつづった。

     その上で「バスキア買ってみんなが観れるように展示するのも、車買ってサーキットでみんなの前走らせるのも、宇宙行って〇〇するのも(まだ秘密)、お金持たせてもらった人間の責務。誰かがやらないと、社会に刺激なくなるし、夢なくなるし、文化継承されないし、経済回らないし」と主張し、「これって下品ですか?笑」と結んだ。

     この投稿に対し、フォロワーからは「上品かどうかわかりませんが下品ではないと思います」「ご自分のお金ですから周りの意見など気にせず使われますように」「経済回すのは大事」「お金ある人は好きなように気にせずに使ってほしい」「心底下品だと思ってたけど、これは考えを改めるべきだと感じました!」などのリプライが集まっている。

    12/12(木) 11:23
    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191212-12120066-sph-ent

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【【前澤友作氏】お金に対する持論を展開】の続きを読む


    デジタル通貨研究所も設立した中国人民銀行はブロックチェーン(分散型台帳技術)の特許を世界で最も多く取得していた。 「デジタル人民元」の発行は、流通コストを削減してマネーサプライの管理が強化され、消費行動を監視でき、金融政策と人民元
    49キロバイト (7,358 語) - 2019年12月4日 (水) 16:01



    (出典 coin-box.jp)


    仮想通貨は怖いな。
    純金が一番安全な気がする。
    十数年前に行って純金を買い漁りたい。

    1 :2019/10/23(水) 23:11:14.15 ID:/zK+BR9p0●.net BE:479913954-2BP(2931)


    (出典 img.5ch.net)

    中国がデジタル人民元を発行する日は近い


    フェイスブックが提唱する暗号通貨「リブラ」が規制当局の反対やパートナー企業の撤退といった壁にぶち当たるなか、中国が国家主導のデジタル通貨発行に向けて本格始動している。

    フォー*誌は8月、中国当局が2014年から検討を重ねてきた独自の仮想通貨が今年11月にも発行されると報じた。9月には中央銀行の中国人民銀行デジタル通貨研究所長の穆長春(ムー・チャンチュン)が、デジタル通貨は「中国の通貨の自主性と合法的地位を守るためのもの」と発言。近い将来の導入は確実との見方が広がっている。

    特徴は2層構造のシステムにある。まず人民銀行が発行し、それを引き受けた中国工商銀行など4つの国営銀行と、電子商取引大手アリババ・ドットコムなど3社が市場に流通させる。メッセージアプリの微信(WeChat)や電子決済サービスの支付宝(アリペイ)などでも使用可能となる見込みだ。

    中国政府の後ろ盾と巨大な国内市場を有する新たなデジタル通貨が、世界の主役に躍り出る日も近いかもしれない。

    https://www.newsweekjapan.jp/amp/stories/world/2019/10/post-13241.php?page=1


    【【ドルに対抗】中国、デジタル人民元を発行へ】の続きを読む


    ノミクス(英: economics)」とを合わせた造語(混成語)。英語・フランス語・ドイツ語ではAbenomics、ロシア語ではАбэномика(アベノミカ)と表記される。なお、国際的にはAbeconomics(アベノミクス)と呼ばれることもある。 アベノミクス
    222キロバイト (33,270 語) - 2019年11月21日 (木) 04:06



    (出典 p1-f93320cb.imageflux.jp)


    アベノミクスとタワマン購入のリスクとがどう関係してくるのか、書き込みを読んでいてもいまいち理解ができなかったが、
    アベノミクスによって国民の実質賃金が減ったから、タワマンを維持することが困難になり、タワマン地獄が予想されるということと僕は理解した。

    1 金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :2018/10/15(月) 21:15:22.17 ID:Bh1cGAqW.net

    外国人投資家が逃げ始めた。買った人は住むも地獄、売るのは大損。


    【【タワマン地獄到来!?】アベノミクス失敗の結果】の続きを読む


    民事再生法 (カテゴリ 日本の倒産法)
    倒産法の一つ。 従来、同じ目的で用いられてきた和議法(大正11年法律第72号。民事再生法の施行に伴い2000年(平成12年)4月1日廃止。)の特徴であった簡素な手続構造を基本的に維持しつつ、再建計画(再生計画)の可決要件を緩和する一方で、その履行確保を強化するなど、使い勝手のよい再建型倒産法制の構築を目指した。
    7キロバイト (951 語) - 2019年9月19日 (木) 07:15



    (出典 pbs.twimg.com)


    消費増税と、ややこしい軽減税率が悪い気がする。

    1 首都圏の虎 ★ :2019/12/13(金) 23:21:03.98


    (出典 image.news.livedoor.com)


    飲食店が厳しい状況に置かれている。節約志向の高まりに加え、今年10月に消費税率の引き上げとそれに伴う軽減税率が導入されたことで、消費者はテイクアウトやデリバリーなどの中食や、内食を選ぶ傾向が強まったと言われる。飲食店は他にも、人手不足、社長の高齢化、後継者問題、キャッシュレス化、改正健康増進法の施行が2020年に控えるなど今後も懸念が尽きない。

     今回、帝国データバンクでは、2000年~2019年11月の飲食店事業者の倒産(※)動向について集計・分析した。

     ※ 飲食事業を主業とする事業者(法人・個人事業者)で、法的整理かつ負債1000 万円以上を対象としている

    倒産件数、2019年は過去最多のペースで推移
     2019年の飲食店事業者の倒産は11月までに668件発生し、既に前年(653件)を上回った。過去最多となっているのは2017年の707件であるが、2019年はこのままのペースで推移すると通年の倒産件数は728件前後となり、過去最多を更新する可能性が高い。

    「酒場・ビヤホール」と「西洋料理店」が過去最多を更新
     業態別(11業態)にみると、居酒屋やビヤホールのほか、焼き鳥店、おでん店、もつ焼き店などをメインとする「酒場・ビヤホール」(143件、構成比21.4%)、レストラン、フランス・イタリア料理店などの「西洋料理店」(110件、同16.5%)が11月時点で過去最多を更新し、業界全体の倒産件数を底上げしている。「中華・東洋料理店」や「喫茶店」は過去最多に迫る勢い。

     11月までの件数でみると、「酒場・ビヤホール」、「西洋料理店」、ラーメン店、カレー店、焼肉店、餃子店などを含む「中華・東洋料理店」(96件、構成比14.4%)の3業態で全体(668件)の52.2%を占めている。
    「酒場・ビヤホール」は2009年以降、11年連続で最も倒産件数の多い業態となっているほか、「西洋料理店」は2017年(86件、前年比41.0%増)、2018年(92件、同7.0%増)、2019年(110件、同19.6%増)と3年連続増加し、ここ数年で件数が2倍近くに急増している。

     一方で、てんぷら店、うなぎ店、とんかつ店、沖縄料理店などの「日本料理店」(46件、構成比6.9%)は、他業態に比べ件数は少なく、「すし店」(18件、同2.7%)や「そば・うどん店」(15件、同2.2%)、「料亭」(7件、同1.0%)も同様の結果となった。和食はその他の業態に比べ新規参入が少なく、消費者の嗜好やトレンドに左右されにくいことなどが要因とみられる。

    負債総額5000万円未満が8割超、50億円以上は2013年以降ゼロ
     負債額別にみると、2019年(1月~11月)は「5000万円未満」の小規模倒産が構成比84.4%(564件)、5000万円を超える倒産は同15.6%(104件)となった。「5000万円未満」の倒産は2015年から5年連続で8割超の構成比となっている。

     飲食業界はブームやトレンドの移り変わりが激しく、成長半ばにして事業継続が困難となる事業者が多いことが要因とみられる。実際、今年1月から11月に発生した全国(全業種)の倒産(7646件)を業歴別にみると「5年未満」が12.3%であるのに対し、飲食店は20.4%。また、全国(全業種)の「20年以上」が48.8%であるのに対し、飲食店は32.8%となっている。

     負債額5億円以上の倒産は11件発生し、そのうち10億円以上の倒産は2件となった。負債額最大となっているのは、「カルビ屋大福」のフランチャイズ事業を展開し今年4月に破産したシズカコーポレーション(株)。なお、負債50億円以上の倒産は2013年以降発生していない。

    節約志向が高まるなか、外食を控える消費者が増加 今後も屋内原則禁煙化などで飲食店は厳しい状況が続く
     2019年(1月~11月)の飲食店の倒産件数は11月時点で668件発生し、過去最多となるペースで推移している。

    2019年12月13日 14時21分
    帝国データバンク
    https://news.livedoor.com/article/detail/17521217/

    ★1が立った時間 2019/12/13(金) 18:56:37.54
    前スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1576242094/


    【飲食店の倒産、過去最多】の続きを読む


    本田技研工業株式会社(ほんだぎけんこうぎょう、英称: Honda Motor Co., Ltd.)は、東京都港区に本社を置く日本の輸送機器及び機械工業メーカーであり、四輪車では、2015年度販売台数世界第7位、二輪車では、販売台数、売上規模とも世界首位で、船外機は販売台数世界第4位である。TOPIX
    116キロバイト (15,196 語) - 2019年11月19日 (火) 00:01



    (出典 funcushion-group.com)


    車離れが進んでるからね。
    高い車体購入費に加え、各種税金、保険料、修繕費など。
    賢明な人であれば、買わないし、買ってもなるべくコストを抑える。

    1 ばーど ★ :2019/12/11(水) 17:32:15.06

    販売台数はひと月わずか23台! ホンダの最高級セダン「レジェンド」がもったいない!?

     2019年10月の販売台数は23台に留まるなど、ホンダのレジェンドが販売面で苦戦している。NSXという特異なスポーツカーを除けば、ホンダ最高級モデルとなる同車だが、販売実績が象徴するように、若干影が薄いモデルとなっていることは否めない。

     そこで、レジェンドの最新モデルで3日間計約1000kmを走破し、改めてレジェンドの良さや課題を考えた。

     高級セダンとしての課題も見えた半面、ライバルにはない魅力もある。だからこそ、レジェンドは「もったいない」存在になってしまっている。

    ■レジェンドは日本車初のエアバッグも採用したホンダ最上級セダン!

     レジェンドは1985年に初代モデルが登場。モデルサイクル途中で日本車初となるエアバッグの採用されたことでも注目された。

     以来、日本車初の助手席エアバッグ採用など衝突安全性に力を入れた2代目モデル、280馬力自主規制解禁1号となる300馬力の3.5L・V6エンジンの搭載や、後輪左右の駆動力配分も行う「SH-AWD」が話題になった2004年登場の4代目モデルを経て現行の5代目モデルに至る。

     現行モデルは2年半ほどの空白期間を経て、2014年11月に“復活”。日本車ではレクサス GS、輸入車ではベンツ EクラスやBMW 5シリーズをターゲットとする車格に属す。

     現行レジェンドも、エンジン横置きのAWDという基本は4代目と共通ながら、前輪は3.5L・V6エンジン+7速DCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)に1モーター、後輪は2つのモーターで駆動し、より高度に後輪左右をコントロールする3モーターハイブリッドのSH-AWDが大きな特徴となっている。

     これは現行NSXにも通じるメカニズムでもある。

     現行モデルは、2018年2月にビッグマイナーチェンジを受けており、前後のデザイン変更、トランク容量の拡大、ボディの接着剤塗布範囲の拡大によるボディ剛性の向上、それに伴う足回りの再チューニングといった改良が施された。

     なお、販売目標台数は登場時の300台/月から現在は1000台/年に縮小されている。

    ■ホンダらしさはあるけれど…高級セダンの必須要素に課題あり

     ※中略

    ■ホンダの最高級セダンはなぜ売れないのか

     レジェンドに3日間乗った総合的な印象は「快適性に疑問は感じたものの、レジェンドやホンダという強いキャラクターは感じられ、悪い車ではない」というものだった。

     快適性に関しては、現在のレジェンドをスポーツグレードとし、快適性に振った高級車らしいグレードも設定できれば望ましい。

     レジェンドの価格は720万5000円で、直接的なライバル車となるレクサス GS450hが2WDで約758万円からということを考えれば、確かにリーズナブルではある。

     しかし、価格の重要度がさほど高くない高級車において、レジェンドには4WDやスポーツサルーンという特長以外のわかりやすいセールスポイントもほしい。

     それが何かというのは非常に難しいことだが、2代目レジェンドが追求した安全性、運転支援システムを世界トップクラスのものにする。

     乗降性は良好ながらそのせいかアコードの影を感じてしまうリアのスタイルを流行の4ドアクーペ的にしてレジェンドのキャラクターを際立てるといったことが筆者の頭には浮かぶ。

     また、“高額車”を扱うのに相応しいディーラー作りも必要だ。

     それでも(空白期間はあるにせよ)ホンダがレジェンドを2020年で35年間も作り続けていることは大変立派なことである。

     次期レジェンドがあるのであればいろいろなことを熟考したうえで、口コミでいい評判が広がるような高級車になることを願いたい。


    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    12/11(水) 14:34
    ベストカーWeb
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191211-00010000-bestcar-bus_all&p=1

    ★1が立った時間 2019/12/11(水) 15:20:34.75
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1576045234/


    【【月販たったの23台】ホンダ最高級セダンなぜ売れない?】の続きを読む

    このページのトップヘ