ブログを書きたいけど自分にできるか迷っていませんか?
僕も以前は迷っていました。
しかし、ある事に気付けてからどんどんブログを書くことができるようになりました。

よくブログは経済的にも労力的にも簡単に始められるが、儲からなければ、かけた時間が無駄になるという人がいる。
確かにお金は大事だ。収益を求めていなければネットに公開せずとも、オフラインでパソコンのメモ帳や紙の日記帳に書いてた方が細かい設定やアンチコメントなどに煩わされず気が楽だからその方がいい。
やはり儲けたいというのがモチベーションになる。そして儲からずにブログ更新を止める人もかなり居る。
しかし儲からなければ全く意味がなく、かけた時間も無駄になるかと言うと全くそんなことは無い。

収益以外でのブログを書くメリットを僕なりにまとめてみた。


・知識がつく
公開して人に見てもらう以上、あまり適当な事は書けないので記事テーマに関して本やネットで調べるようになる。
「本で読んだ知識は人に教えて初めて理解したことになる」という言葉にもあるように、
ただ知識をインプットする場合と比べて、ブログに書けばアウトプットもすることになるので、その分野に関しての理解が格段に深まる。


・文章力と物事を論理的に説明する力がつく。
ブログを書くには自身の考えや主張を読者に分かりやすく説明する事が必要になってくる。
そしてその事を心がけて記事を書いている内にドンドンその能力は身に付いてくる。
この能力はブログのみならず、会社生活に於いても必須のものだ。仮にこの能力が不足していれば社会人生活を送る上で大いなるハンディを負っていると言っても過言ではない。
ブログを抜きに確実に身に付けておくべきスキルだ。


・新たな発見やアイディアが生まれる
自身の思考を言語化し文章に落とし込んでいくことにより、頭の中を可視化して整理する事ができる。
それにより新しいアイディアも生まれやすくなるのではないかと思う。


・インターネットやマーケティングの知識が深まる。
ブログのみならず、会社生活をする上においてもあった方がいいスキルではないだろうか?あと、現代のネット社会において、これらの知識に疎いのは寂しい気がする。


・タイピングが早くなる。
タイピングに関しても今や社会人必須のスキルだ。
正直タイピングくらい早く卒なくできて当たり前という考えの会社は多く、これができないとかなり仕事の幅が狭まる事は間違いない。ブログ抜きにしても習得しておくべきだ。


つまり、仮に稼げなくてもブログを書く意味は大いにあり、書かなかったり辞めてしまうのはもったいない。
稼いで脱サラするのが目的の人もいるかもだけど、万が一できなかったとしてもブログで習得したスキルが職場でも活きて、社内の評価が上がって待遇改善に繋がる事は大いにあり得る。

始めるのにしても「はてなブログ」や「ライブドアブログ」など、お金や維持費が無料のサービスが沢山ある。
やり方にしてもブログやyoutubeで丁寧に解説されているものが沢山あるし、質問をしたら答えてくれる親切な人も偶にいる。
だから、できれば稼げればいいやという気持ちで気軽に始めて、気軽に続けてみればどうだろうか?