南海トラフ(なんかいトラフ、英: Nankai Trough)は、四国の南の海底にある水深4,000m級の深い溝(トラフ(舟状海盆))のこと。東端を金洲ノ瀬付近のトラフ狭窄部、西端を九州・パラオ海嶺の北端とする。南海トラフをdeformation frontとして南側のフィリピン海プレートが北側の
14キロバイト (2,096 語) - 2020年1月18日 (土) 11:27



(出典 cf-images.ap-northeast-1.prod.boltdns.net)


何回南海トラフの予言をすれば気が済むのだろうか?

1 ヨモーニャ(宮崎県) [US] :2020/04/28(火) 06:44:57.82


【警告】「感染症のパンデミック+大災害発生」連鎖の法則が記録で判明! 新型コロナの次は南海トラフ巨大地震か、富士山噴火か!?
 新型コロナウイルスが世界的に流行し、日本でもテレワークや外出自粛が推奨される中、一般市民から今後起こり得る大災害に対する不安の声も上がり始めた。
もしもパンデミックの最中に大地震・噴火・大水害などが起きた場合、我々の想像を遥かに超える大惨事に見舞われることになる。今回は大災害とパンデミックが
同時に起きたら一体どんなことになるのか、過去の実例とともに紹介する。

■大災害時に感染症拡大はつきもの
 近年日本に甚大な被害をもたらした自然災害といえば、大阪府北部地震(2018年、死傷者約460人)、北海道胆振東部地震(2018年、死傷者約880人)、
令和元年台風15号(死傷者約560人)、令和元年台風16号(死傷者約150人)などが挙げられる。幸いなことに、これらの災害発生時に危険な感染症は流行しなかった。

 だが、大災害と感染症の大流行が重なるようなことなど起こらないだろうと油断してはならない。なぜなら、過去の日本で、そのような例が多数あるからだ。
むしろ、両者が重なる確率は非常に高いと考えておいた方が良い。

トカナでーす!
https://tocana.jp/2020/04/post_153345_entry.html


【過去の歴史において「感染症パンデミック+大災害発生」連鎖の法則が判明。今度は南海トラフか?】の続きを読む