キリマンジャロブログ

このブログでは主に時事ネタや様々な業種で働く人に関しての記事を掲載していきます。
枝豆昆布という名前でTwitterもやっています。
よろしくお願いします。

    タグ:#中国


    資産(しさん、英: assets)とは、会計学用語であり、財務会計および簿記における勘定科目の区分の一つ。会社に帰属し、貨幣を尺度とする評価が可能で、かつ将来的に会社に収益をもたらすことが期待される経済的価値のことをいう。資産の額の総合計を総資産(そうしさん、total assets)と呼ぶこともある。
    9キロバイト (1,263 語) - 2019年12月7日 (土) 13:23



    (出典 president.ismcdn.jp)


    そんだけあるなら賠償して欲しい。

    1 バックドロップ(茸) [US] :2020/05/26(火) 11:41:37.28


    中国の総資産は約2京円 国家発展改革委が言及

     国家発展改革委員会の寧吉喆(Ning Jizhe)副主任によると、「市場経済は、会計学や統計学の観点からいって資産と負債の経済であり、企業に貸借対照表(BS)があるように、国にもBSがある。最新のBSによれば、中国の総資産額は1300兆元(約1京9620兆円)を超えている」という。

    「2020年政府活動報告」の中で、今年の赤字率は3.6%以上で設定し、財政赤字規模は昨年と比べ1兆元(約15兆円)増加するとしている。
    同時に1兆元の感染症特別国債および地方政府特別債3兆7500億元(約57兆円)を発行し、前年より1.6兆元(約24兆円)増とする予定であることが示された。

     地方政府の債務圧力の増大について、経済成長と債務圧力のバランスをどのようにとるかとの疑問に対し、国家発展改革委の叢亮(Cong Liang)秘書長は「適度な赤字率引き上げと感染症特別国債の発行などは、可能で、安全で、必要でもある。
    合理的債務レベルは、経済社会の発展に有利であり、適度な経済社会の発展は、債務レベルの抑制に有利だ」と述べている。

    「今年の経済成長の具体目標を示さなかったことについて、主に新型コロナ感染症と世界的な経済情勢の不確実性と、中国が直面する予想困難な影響によるものだ」
    「今回経済成長目標を示さなかったのは、経済成長を重要視していないわけではない。国民生活、雇用確保、貧困対策など、すべては経済成長があってこそだからだ」

    「政府活動報告」の中で示された新たに増やす雇用目標は900万人以上だ。どのように雇用目標を実現し、感染症対策の中で大学の新規卒業生や「農民工(農村からの出稼ぎ労働者)」などの就業の難題を解決するのか。
    この疑問について、寧副主任は、大学新卒生、「農民工」と貧困地区労働者を重点対象者として対策すると回答。今年卒業する874万人の大学卒業生に対しては、企業による雇用拡大、大学院生の募集拡大、農村での雇用創造などの対策を実行するとしている。
    2億人を超える「農民工」と数千万人の貧困地区の労働者に対しては、公共就業サービスを実行、公共事業の中で農村労働者の新規雇用を吸収していくなどとしている。

    https://www.afpbb.com/articles/-/3284790?cx_amp=all&act=all


    【Chinaの総資産が判明!!その額は?】の続きを読む


    おもてなしとは、心のこもった待遇のこと。顧客に対して心をこめて歓待や接待やサービスをすることを言う。「もてなし」に「お」をつけて、丁寧にした言い方である。 2013年(平成25年)9月7日に、国際オリンピック委員会の第125次IOC総会で、滝川クリステルが「おもてなし
    3キロバイト (369 語) - 2020年2月21日 (金) 16:07



    (出典 www.meet-bowl.com)


    来るなという書き込みも見受けられるが、壊滅的な国内の観光業を思うとそればかりも言ってられない様にも思う。

    1 かわる ★ :2020/05/22(金) 07:02:42.90

    中国人がアフターコロナで旅行したい国NO.1、日本

     中国人に最も人気の旅行先、不動の1位であったタイを抑え、日本がいま1位になっています。4月10日、中国メディアである東方網が、新型コロナウイルスの世界的な感染が収束後に中国人が最も行きたいと思う国が「日本」であるとの調査結果を報じています。

     なぜ日本?  新型コロナウイルス感染初期の頃、各国が中国批判を強めるなかで、日本は多くの支援物資を送るなどし、中国人のなかで日本への感謝の気持ちが強まっているのです。2月上旬に、在日中国大使館は日本政府や地方自治体、企業などから計約272万枚のマスクや、約38万着の手袋などが寄付されたとの集計をホームページで公表しています。そして、あらためていま、「安心」「信頼」という観点からも、日本人気が高まっているのです。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/99fa4bb65b0213b419961cf29936efc708968b30

    【観光】中国人がアフターコロナで旅行したい国NO.1、不動の1位であったタイを抑え、日本に [かわる★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1590057043/
    ★2
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1590059598/


    【【朗報?】中国人がafterコロナで旅行したい国NO.1、不動の1位であったThailandを抑え、 JAPANに!】の続きを読む


    社会主義(しゃかいしゅぎ、(英: socialism)は、個人主義的な自由主義経済や資本主義の弊害に反対し、より平等で公正な社会を目指す思想、運動、体制。 社会主義は広義には社会を組織化することにより人々を支える制度であり、歴史的には社会改良主義社会民主主義、無政府主義、サンディカリズム、共産主義、国家社会主義なども含まれる。
    51キロバイト (7,571 語) - 2020年5月1日 (金) 13:24



    (出典 eikara.jp)


    中国は人口多いから額も事務手続きも膨大になりそうですからね。

    1 アルヨ ★ :2020/05/11(月) 17:34:49 ID:nQXe6gmx9.net

    日本人よりも政府の支援をあてにしない中国人

    2020.5.11(月)

     日本全国で猛威を振るうコロナウイルスに対する経済対策のうち、国内外を問わず今最も注目されている政策といえば、「日本国内の全居住者(外国人居住者などを含む)に対する一律10万円の特別定額給付金」のほかないでしょう。筆者が住む中国においても日本の同政策に対する注目度は高く、メディアなどでよく取り上げられています。

     中国における経済対策は今のところ、企業への税金権限や雇用補助金支給、生活困窮者への支援金支給などが主となっています。消費刺激策としては商品券の配布にとどまっており、現金を一律で支給する日本に対して「中国よりも社会主義的じゃないか」という声も聞かれます。

     そこで今回は、中国で行われているコロナウイルスへの経済対策の中身と、現金給付策に対する中国の見方を紹介します。あわせて、今回のコロナウイルスの流行によって見られた両国における政府への依存意識の差について考えてみたいと思います。

    中国の主なコロナ関連支援策

     世界に先駆けコロナウイルスが全土で蔓延した中国では、これまですでに様々な経済対策や、生活補償支援策が実施されています。

     法人向けの支援内容は主に税制上での減免です。医療・衛生対策用品や設備の購入や販売に関して、税額を大幅に減免しています。またこうした製品を作るメーカーに対しては設備投資を促すため、新規設備購入代金に対する補助金が直接支給されていました。

    安倍政権が隠す新型コロナ「日本の奇跡」の原因

     このほか休業中の企業に対しては、従業員の雇用を維持する前提で、一部賃金に対する補助金を支給する自治体もみられました。感染防止目的で営業停止命令が出されていた映画館など娯楽施設運営業者に対しては、日本同様に休業補償金が支給されています。

     個人向け支援に関しては自治体間で金額に差があるものの、疫病流行によって職を失い、生活が困窮した市民への生活補償金を支給する自治体は少なくありません。中には吉林省のように、感染者の治療に携わる医療従事者に対して1日当たり300元(約4500円)の特別手当を支給する自治体もありました。

     一方、現金給付のような消費刺激策については、中国国内の全居住者を対象とした一律給付というのは行われておらず、議論もされていません。現金給付を独自に行っている一部自治体もありますが、その大半は、食品などの購入に用途を限定した商品券を配布する形態が取られています。なお、こうした商品券を電子商品券で支給する自治体に対しては、機械操作に慣れない高齢者への配慮に欠けるとの指摘が出ています。

    10万円に中国人留学生「助かる」

     今回、日本が10万円を給付すると発表したことについて、中国では、その金額の大きさに驚くとともに、国内の全居住者へ一律支給するという点に注目が集まりました。中でも日本国内で勤務、または留学している中国人も受け取れるという点について「非常に公平」だとして好意的な評価がみられます。

     現在、日本の大学に留学している中国人の知人に10万円の給付についてどう思うか尋ねたところ、「素直に助かる」との答えが返ってきました。その知人によると、外国人留学生は日本国内でのアルバイトで学費や生活費を賄っており、新型コロナ流行によってアルバイト勤務日数が減らされるなど、金銭的に苦しい立場に置かれている学生が少なくないそうです。それだけに10万円が給付されることによって助かる学生は多いのではないか、と話していました。

    ↓続き
    https://news.livedoor.com/article/detail/18241667/


    【【10万円給付】社会主義国より社会主義的。中国が驚愕!】の続きを読む

    このページのトップヘ