フラット35( - さんじゅうご)は、住宅金融支援機構および前身の住宅金融公庫の証券化支援事業をもとに、取り扱い先の民間金融機関と共同で提供する長期固定金利の住宅ローン商品の名称である。 かつての住宅金融公庫による「一般住宅融資」(いわゆる公庫融資)は財政投融資制度からの資金を基に住宅購入者へ融資し
13キロバイト (2,205 語) - 2018年3月15日 (木) 08:21



(出典 pbs.twimg.com)


まあ、僕も賃貸派かな。

1 名無しさん@おーぷん :2017/01/21(土)12:02:27 ID:HtX

①家賃が無駄という呪縛から35年借金を返し(うち10年は利息分のみ)続けるの?

②ローン払い終わる頃には土地以外(これからは土地もヤバイけど)の資産価値がないし建て替え必要になるけど資金は平気なの?

③子供がいるなら子供部屋もあるんだろうけど、子供出ていったら無駄じゃないの?

④震災起きたらどうするの?地震保険入るお金あるの?


結局さ、家賃が勿体ないっていう洗脳に近い感覚が染みついちゃって
無駄な長期ローンを組んでそれを正当化する為に賃貸ディスってるだけだよね
日本の不動産事情や今後の地価などを考えて無理にでもローン組んで買うべき場所って相当限られるのに

ご愁傷様です


【今の時代に35年住宅ローン組む人!!聞きたい事がある。】の続きを読む